戦隊シリーズ

騎士竜戦隊リュウソウジャーのあらすじや内容は何?過去作との違いも紹介!

こんにちは!

盛り上がりを見せている「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」

キャラクターが魅力的すぎて、終わるのが本当に悲しくなる作品ですが、早々に次回作の情報が入ってきました!

系「スーパー戦隊シリーズ」の43作目の新シリーズは「騎士竜戦隊リュウソウジャー」!


これ絶対うちの子供達ハマるやつや~!!と叫んだ貴方。

色々と気になることがありますよね!

騎士竜戦隊リュウソウジャーのあらすじや内容は何?過去作との違いも紹介!

今日はそれについて書いていこうと思います。

 騎士竜戦隊リュウソウジャーのあらすじや内容は何?

今回の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」のあらすじはどんなものか、気になりますよね?

キャッチフレーズが「超超超超イイ感じ!」とあるので、破天荒なストーリーかと思われます。

登場人物は、今回は初回登場は通常の戦隊シリーズでお馴染みの5人。

それぞれが恐竜の力を持っています。

①リュウソウレッド(ティラノサウルスの力)

②リュウソウブルー(トリケラトプスの力)

③リュウソウピンク(アンキロサウルスの力)

④リュウソウグリーン(タイガーサウルスの力)

⑤リュウソウブラック(ニードルサウルスの力)

相棒となる恐竜=騎士竜たちの力を使いこなして戦っていくということなのです。

この騎士竜はなぜ現代で戦っているのか?

現代に蘇った理由はなにか?

それは、古代で戦い、封印したはずの宿敵ドルイドン族が、現代に再来したからなのです!

かつて気球に君臨していたドルイドン族と、仲間の恐竜(騎士竜)と共に対抗していたリュウソウ族。

6500万年前、地球にいん石が接近したため、ドルイドン族は宇宙へと脱出して、リュウソウ族は地球に残り、その強大すぎるために力は封印されました。

そして現代。戦闘力が最強にまで成長したドルイドン族が再び地球への帰還を開始します。

地球を守り続けてきたリュウソウ族の中で、リュウソウジャーとして選ばれた5人が、再び地球の危機を救うべく、その強大な力を発揮してドルイドン族と戦います!

・・・面白そうなストーリーですね!

西洋騎士と恐竜がアレンジされたマスク、そしてリュウソウケンと呼ばれる剣でソードアクションを繰り広げるということなので、アクションシーンではかなりかっこいいバトルを見ることができそうですね!

さらに、リュウソウケンにはリュウソウルと呼ばれる騎士竜の力が込められたアイテムがあり、それを装填することで、リュウソウルの力に応じた武装=竜装を行うことができるとのこと!

ちなみに「正義に仕える5本の剣(つるぎ)!」が決めゼリフだそうですよ!

どんなアクションを決めていくのか、これからの情報が楽しみですね!




過去作との違いはある?

過去作で恐竜がモチーフとなったのは

1992年の「恐竜戦隊ジュウレンジャー」、2003年の「爆竜戦隊アバレンジャー」2013年の「獣電戦隊キョウリュウジャー」でしたね。

ジュウレンジャーでは、古代戦士と魔女バンドーラとの戦いでした。

アバレンジャーはもう一つの地球での戦いでしたね。

今回の作品も、恐竜がモチーフとなっていますので、古代のストーリーと絡めつつ、正義の魂を持った「騎士」と掛け合わせた戦隊がどんな敵と戦っていうのか気になりますね!

宿敵は今回は「ドルイドン」。

この「ドルイドン」とは一体何なのか?

過去作とは「騎士」というところで戦い方が全く違うかもしれませんね!

これからの情報に期待しましょう!

キャストは誰になるの?

キャストは今の所発表されていません。

おそらくはこれから俳優として駆け出していく若手の俳優さんがキャスティングされると思います。

騎士竜戦隊リュウソウジャーのキャストは誰?過去の恐竜戦隊との共演情報も

 

後日発表にもなりますので、今後の情報に注目していきましょう!

 

まとめ

騎士竜戦隊リュウソウジャー。

ファンからは「面白そう!」といったワクワクするTweetがされていました!


これからの情報も気になりますよね!

騎士竜戦隊リュウソウジャーは、来年3月17日スタート、毎週日曜の9:30から放送です!

楽しみにしていましょうね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!b




ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。