未分類

名古屋の雪(2018年)はいつまで降る?外出時の持ち物や気をつけること

こんにちは!

2018年もあと少し。

まさかの年末寒波で、名古屋も雪が降りましたね。


雪が降ると気になるのは、外出時の時の持ち物。

そして、この雪がいつまで降るかということですよね。

名古屋の雪(2018年)はいつまで降るの?外出時の持ち物や気をつけることも調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。




1: 名古屋の雪(2018年)はいつまで降るの?

今回の雪。

年末にかけて来る「年末寒波」の影響が名古屋にまで来ているため、今回のような積雪になっています。

ヤフー天気予報では、2018年12月29日の12時頃まで雪マークがついています。

つまり、一応予報では、今日の昼で雪が降るのは収まるということです。

ただ、これからさらに冷え込みが続いていくと、雪が降る可能性は高いので、今後の天気予報に注意をしておきましょう。

ヤフー天気予報はコチラ(名古屋市中村区)

朝起きたら景色が白かった!ということにもなりかねません。

子どもは楽しいですが、大人は色々と大変ですよね。

私も今日車で買い物に行こうと思っていましたが、この雪の状況でしばらくは動けそうにないですね・・・

外出する際は、時間に余裕を持ってでかけましょうね!

(追記)12月30日の朝は快晴でした!

ただ、新幹線は若干遅れが出ています。

かなり冷え込んでいるので、場所によっては凍結している地面もあるかもしれません。

お気をつけておでかけくださいね!





2:外出時の持ち物は?

今回のような積雪の日、どうしても出かけないと行けない!

そういう時、持ち物がいくつかありますのでご紹介しますね!

・カイロ

・手袋

・イヤーマフラー

・携帯電話(必ず充電すること)

・お金(多めに)

・折り畳み傘

・リュックサックなど両手があくように

・ニット帽

・健康保険証

カイロや手袋、ニット帽などはあると良いでしょう。

雪の日はかなり冷え込み、風邪をひく確率が高くなります。

外出する際は必ず暖かくしてでかけましょう。

また、万が一電車が遅れている時や止まってしまった場合、家族と連絡を取れるように携帯電話は必ず持っていき、お金も多く持っていくほうが安心です。

バッグなども両手が空くようにリュックサックタイプだと良いと思います。

そして、万が一滑って転んでしまい、病院に行かなければならなくなった場合、健康保険証は必需品になりますので、必ず携帯してくださいね!




3:雪の日に気をつけることは何?

雪の日に気をつけることもたくさんあります。

そちらを紹介していきますね!

①女性はヒールの靴を履かない

雪の日は床が濡れることもあり、さらには凍結すると滑りやすくなります。

女性の方は必ずヒールではない靴ででかけましょう。

では、「スニーカー」なら大丈夫か?というとそういうわけでもありません。

必ず「溝」がある靴底の靴にしましょう。

溝がないと滑りやすいので、必ず靴底の溝を確認しましょう!

長靴などを履く場合は、防寒対策として厚手の靴下を履いてでかけましょう!

②交通情報をチェックしましょう

雪の時は大概交通がマヒすることがあります。

名古屋はスタッドレスタイヤを履いていない車が多いので、スリップによる交通事故も過去にあり、大渋滞を引き起こしたこともあります。

交通情報は必ずチェックしましょう!

JR東海の運行情報はコチラ

名鉄の運行情報はコチラ

近鉄の運行情報はコチラ

道路交通情報はコチラ

地下鉄・市バスの運行情報はコチラ

③夜は出歩かない

冬は午後3時をすぎるとぐっと気温が下がります。

気温が下がると凍結する恐れがあるので、更に足元が滑りやすくなります。

不必要な外出は控え、家でゆっくりと過ごしたほうが良いでしょう。




4:まとめ

いかがでしたか?

名古屋に積雪はあまりないので、雪の対策は万全ではないと思います。

必要のない外出は控え、雪が溶けてから外出するようにしましょう。

もしそれが難しければ、気温が上がる日中に外出してください。

そしてくれぐれも、外出時はケガのないようお気をつけくださいね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。