仲邑菫(囲碁)の兄弟や家族構成は?実力はどうなのかも調査!

この記事は4分で読めます

 

こんにちは!

自分の子どもは好きなことをさせて食べていけるようにしたいなあ・・と思っていますが、そんな時こんな素敵なニュースが入ってきました!


囲碁界では最年少を更新する現役小学生のプロ入りですね!

色々と気になることがあります!

仲邑菫(囲碁)の兄弟や家族構成は?実力はどうなのかも調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。







1: 仲邑菫(囲碁)の兄弟は?

現役小学生の仲邑菫さん。

兄弟はいるのかどうか、気になりますね。

色々と調べてみましたが、菫さんはどうやら兄弟はおらず、一人っ子のようです。

両親から囲碁のてほどきを受け、高い環境で囲碁について真剣に学んだからこそ、この年齢でプロ入りできるんですね!

日本囲碁界では9年前に藤沢里菜女流名人が、11才6ヶ月でプロ入りしたのが最年少だったので、今回さらにこの最年少記録を更新したことになります。


もし兄弟がいたら兄弟揃って囲碁姉妹になり、更に話題を集めたかもしれませんね!

でも、これからかなり注目を浴びると思いますので、対応が大変ですね!

 

2:仲邑菫(囲碁)の家族構成(両親)や経歴は?

仲邑菫さんの家族構成はどうなっているのでしょうか?

菫さんの父親は、プロ棋士の仲邑信也九段


そして、母親は 囲碁の元インストラクターの幸(みゆき)さんです。


 

3歳からお母さんである幸さんの手ほどきを受け、さらに世界を目指すべく7歳から家族で韓国・ソウルに渡って修行を重ね、今回のプロ入りを果たす実力をつけていました。

菫さんはすぐの韓国語を覚え、今では両親の通訳もするほどだそうです!

昨年現地の小学生低学年のチャンピオンになりました。

今年、韓国棋院のプロ候補生となる研究生になり、今回のプロ入りが認められました。

そんな菫さんは現在小学校4年生。

大阪府大阪市此花区出身だそうです。

身長は身長124.5cmと小柄ですが、繰り出す技は大人顔負けです!

今回の採用は、日本棋院が新設した採用制度「英才特別推薦棋士」の第1号としての採用です。

尊敬する人は「井山裕太十段」だそう。

世界一になれる人材発掘のための制度で、新しい天才の誕生となるんですね!




3:仲邑菫の実力はどうなの?

今年の4月1日付け、菫さんが10歳0カ月の時に日本棋院関西総本部の所属棋士になりますが、実力はどうなのでしょうか?

菫さんは韓国に渡ったものの、日本での義務教育を受けるために日本と韓国の往復生活を続けたといいます。

韓国では囲碁の勉強を昼夜問わず続けていたそうです。

名門である「韓鐘振(ハンジョンジン)囲碁道場」で平日は学び、週末には韓国棋院で対局を重ね、経験を積んだそうです。

父親である信也九段も、韓国の囲碁の環境の中に菫さんを置くことで、世界に通じる実力をつけたかったと言うのですごいですね。

菫さん自身もとても負けず嫌いな性格もあり、負けると大泣きして悔しがるといいますので、プロとしての勝負への欲求は高いと思われます。

少々の壁ならさっと超えてしまうかもしれませんね!

道場の主宰者である韓鐘振九段からは「韓国の女流世界一に君臨する22歳のの崔精(チェジョン)九段に劣らない」と太鼓判を押しています。

上達のスピードは随一なのだとか。

男性のトップ棋士とも互角に戦うことができる才能もあるのではないでしょうか。

2018年7月には、ネット囲碁大会無差別クラス(アマ女子)で優勝する実績もあります。

今回のプロ棋士採用にあたっても、38才の張栩(ちょうう)名人と対局し、ほぼ互角の勝負となり引き分けに持ち込んだそうです!

大人のプロ棋士に負けるとも思わない実力を持っているということなので、これからの対局でその実力が発揮されるんでしょうね!

 

4:まとめ

いかがでしたか?

これからの活躍が期待されている仲邑菫さん。

これからもっともっと実力をつけて、世界に通用する実力と名声を身に着けてほしいですね!

そして2019年1月23日、世界トップ級の女流棋士、崔精九段との記念対局がおこなれるのでこちらも注目ですね!

これからも応援していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

福地啓介のオセロの賞金や成績は?経歴や谷田邦彦さんとの出会いについても

 

佐藤天彦名人はかっこよすぎる貴族!愛用ブランドや彼女や結婚は?









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。