小倉智昭の膀胱がんは完治したの?とくダネ!復帰で今後のリハビリなども調査!

この記事は3分で読めます

こんにちは!

年始に嬉しいニュースが入ってきました!

とくダネ!でお馴染みのキャスター小倉智昭氏が1月7日の放送で復帰されることがわかりました!

嬉しいですが、心配なこともありますね。

小倉智昭の膀胱がんは完治したの?とくダネ!復帰で今後のリハビリなども調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。







1:小倉智昭の膀胱がんは完治したの?

膀胱がんの手術のため、2018年11月27日から休養していた小倉智昭キャスター。

2015年の年末に膀胱がんが発見され、2016年5月に内視鏡手術を受けていたものの、夏には激しい出血があって手術せざるを得なくなったり、10月には膀胱炎を併発し、二十日間も出血が止まらず、全摘出手術に11月に踏み切ることになりましたよね。

2016年の手術では膀胱がんの原因となったをすべて取り切れず、浸潤がんはトレなかったので、ずっと医者から「全摘しないと完治できない」と言われていたそうです。

ただ、小倉キャスターはどうしても膀胱を温存したいと考えたようで、免疫療法なども試していたそうです。

幸い転移はしていなかったものの、出血が止まらないことが続いたことで、今回の全摘出手術に踏み切ったといいます。

医者からも「「全摘すれば完治する」と言われて踏み切った手術が成功し、その後のリハビリも順調に進んでいるということから、膀胱がんは完治したと言えるのではないでしょうか。

2018年12月20日には退院し、自宅療養してリハビリにも取り組んでいるそうなので、本当に良かったとしか言えませんね!

7日は元気な姿を見せて、ファンを安心させてほしいですね!

(追記)

元気な挨拶が返ってきました!


現在はリハビリ中で、排尿のコントロールは苦戦しているようです。

ただ、精神的にはかなり元気になったようです。

全摘した後の病理検査では、膀胱以外にも前立腺や尿道の入り口にもがんが見つかったそうですが、「今は体のどこにもありません」と本人が言っているので、完全に治ったのでしょうね!

本当に良かったですね!




2:とくダネ!復帰で今後はどうなるの?

今回のとくダネ!復帰で、仕事復帰になる小倉キャスター。

予想以上に快復が早く、がんの転移や感染症、また腸閉塞の恐れもないそうなので、これからは仕事を頑張っていくんでしょうね!

ただ、全摘したあとに腸で新しい膀胱を作ったそうで、そのコントロールにはリハビリが必要だそう。

つまり、仕事とバランスを取りながら、リハビリを続けていくということです。

まだ手術してから2ヶ月も経っていないので、無理はしないで他のキャスターの方の力も借りながら進めていくのではないでしょうか。

当面はとくダネ!のお仕事一本で進めていくと思われます。

ここで小倉智昭さんのプロフィールをご紹介しますね!

名前:小倉 智昭(おぐら ともあき)

生年月日:1947年5月25日

職業:フリーアナウンサー、タレント、司会者、ラジオパーソナリティ

身長:173cm

体重:75kg。

所属事務所:オールラウンド

くれぐれも無理だけはされないように・・・!

願うしかありませんね!




3:Twitterの反応は?

Twitterでは「待ってました!」の声があがっていました。


医者も驚くほどの回復力だったといいますが、やはりファンの人達の前に早く元気な姿を見せたかったのでしょうね・・

本当に嬉しいですね!

 

4:まとめ

いかがでしたか?

予定よりも1ヶ月も早い復帰ですが、くれぐれも無理されないようにしてほしいですね!

私も毎朝見ていた小倉キャスターの声がまた聞けるのがとても嬉しいです!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。