ポケモンガオーレは面白いの?プレイした感想と必要な金額についても調査!

この記事は3分で読めます

こんにちは!

最近ついに子どもが「ポケットモンスター」にはまりました・・!

「ピカチュウかわいいね!」

「イーブイほしいなあ!」

と、何匹集めても満足しない恐ろしいループに入った子どもが、最近見つけた面白そうなもの・・・

それは、田舎のショッピングモールにもある「ポケモンガオーレ」というゲームです!


行列ができていたので「面白いのかなあ?」と言っていましたので、ついにガオーレデビューしました。

ポケモンガオーレは面白いの?プレイした感想と必要な金額についても調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。









 1:ポケモンガオーレは面白いの?

ポケモン好きな小学生が大好きなことで有名な「ポケモンガオーレ」

私が行った時は常に3人以上は行列ができているので、「面白いのかなあ」と気になっていました。

Twitterでは「ポケモンガオーレ」についてプレイした方の感想がありましたのでご紹介しますね!

大人の感想でも「楽しい」「面白い」といった感想が多かったので、子どもはもちろんハマりますよね!

ゲームでは実際にポケモンと戦ってゲットすることができるので、実際にポケモントレーナーになった気分も味わえますね!

モードによってはトレーナーと戦うモードがあるので、色々とグッズを用意するとさらに楽しめそうな感じですね!

2:実際プレイした感想は?

実際子どもがプレイしたのを私も横で見ていたのですが、子どもはまだ小学生。

色々と手際が悪いので横から手を出し口を出しながらプレイしました。

これがまた「面白い!」

遊び方は、遊ぶステージを選択し、出てきたポケモンと、自分がゲットしているポケモンを戦わせるだけ。

だけなんですが、さすがゲーム!

「どのポケモンで戦うか」「応援するポケモンを選ぶか」「攻撃力が上がる気合をどれだけ入れられるか」「攻撃力・防御力がアップするコマンドを選べるのか」をボタン連打で操作することができるので、タイプを考えて戦わせたりすることで頭も使います。

ボタン連打もする必要があるので結構大変。

さらに攻撃力・防御力ルーレットがあるので、それを狙って押す集中力も鍛えられます。

まあ、子どもはまだわからないのでめちゃくちゃに押していましたが・・・

さらには戦ってポケモンをゲットできた時の喜びようといったら!

ガオーレディスクになった時の子どもの目の輝かせようといったら!

横で見ていましたが、自分が子どもだったら絶対ハマるよな~って思いましたね(笑)

ゲットするためのモンスターボールを投げる時はドキドキ!

子どもも「ゲットしろ~ゲットしろ~」と願うばかり!


画面もとってもキレイなので、見ているだけでも面白いですよ!

だから、これ子どもに見せたらいけなかったな~と思いましたね!

絶対ハマるので(笑)

 




3:必要な金額はいくらなの?

こちらの「ポケモンガオーレ」。

必要な金額はいくらか気になりますよね。

このゲームは、「バトルしてゲット」「トレーナーとバトル」「いますぐゲット」のステージを選んで遊びますが、だいたいが「バトルしてゲット」を選ぶと思いますので、そこで必要な金額を書きますね。

まず、プレイするのに100円かかります。

ポケモンバトルをして、ポケモンゲットする、ところまでは100円で進めることができます。

その後、ゲットしたポケモンをガオーレディスクにするかどうかの画面が出てきます。

そこで「ゲットする」という選択にすると、さらに100円必要になります。

そこで200円かかっていますよね。

ここで1プレイ終了です。

そして、ポケモンが雄叫びをあげ、また二体新たなポケモンが出てきます。

このポケモンとの戦いは「2プレイ」目です。

つまり、2プレイ目スタートで100円かかり、そこでゲットしたポケモンをガオーレディスクにするのに、さらに100円かかります。

一人3プレイまで戦うことができますので、最終的に600円必要なことがわかりますね。

ゲームに1回600円。

回数を重ねると強いポケモンやレアなポケモンが出現するので、なかなか1プレイで辞めることができません。

始める時は子どもと約束するか、行く回数を決めるかをして、浪費しすぎないようにしてきたいですね!

 

4:まとめ

いかがでしたか?

ポケモンガオーレは面白いので、ポケモン好きな子、特に男の子はハマると思います!

ぜひ一度遊んでみてはいかがでしょうか?

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!







 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。