恒松祐里(女優)の家族構成や経歴は?性格や演技力についても調査!

この記事は4分で読めます

こんにちは!

香取慎吾さんが出演される「凪待ち」のヒロインに、恒松祐里さんがキャスティングされました!

香取慎吾主演の映画凪待ちのロケ地はどこ?キャストや公開日はいつかも予想

これは本当に期待が高まりますね!

新星と呼ばれた恒松祐里さん。

一体どんな方なのでしょう?

恒松祐里(女優)の家族構成や経歴は?性格や演技力についても調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。







2: 恒松祐里(女優)の家族構成は?
恒松祐里さんの家族は、ご両親である父親と母親、そして自宅警備員である猫のチャーリーがいるそうです。

チャーリーの写真はインスタでもかなり「イイね!」を貰っている人気の猫ちゃんです!

 

View this post on Instagram

 

こんにちは☺️ 明日お知らせあるかもです〜🐾

恒松祐里さん(@yuri_tune)がシェアした投稿 –

 

兄弟についての情報はありませんでしたので、もしかしたら一人っ子かもしれません。

チャーリーがいるので賑やかなんでしょうね!

2: 恒松祐里(女優)の経歴やプロフィール家族構成は?

それでは恒松祐里さんのプロフィールをご紹介しますね!

名前:恒松祐里

生年月日:1998年10月9日
血液型:B型

出身地:東京都

職業:女優
所属事務所:アミューズ
身長:158.5cm
体重:39kg
趣味:羊毛フェルト作り
特技:歌、ダンス、バレエ、アート

実は彼女は今回がデビューではありません。

実は子役として小さな頃から芸能界で活動しているんですね!

幼稚園児の頃に、照れ屋な性格を心配したご両親が、事務所のオーディションを受けさせて見事合格。

そのオーディションはアミューズとパルコだったそうです。

そして2005年にはテレビドラマ「瑠璃の島」で子役としてデビューしています。

実はオーディションは7歳の頃から受け続けている関係で、10年間でなんと240回ほど受けたというから驚きですね!

そのおかげで照れ屋な性格はすっかり克服したそうです。

ご両親のおかげですね!

その後ドラマの「ハガネの女」さらにはNHKの連続テレビ小説「まれ」で孫娘の桶作友美 役で出演していました。

 

14歳の時に「FNS27時間テレビ」に出演した明石家さんまさんが、「ラブメイト10」という「好きな女性を選ぶ」企画で6位になったことで、世間から注目を浴びました。

また、大河ドラマ「真田丸」での女性。真田信繁の長女、すえを演じましたね。

スカッとジャパン」でも何度か出演しています。

ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」では主人公の妹、寧々役で出演していましたが、実は元々、“女装男子”である里中由希役のオーディションに挑んだそうです。

しっかり役を勝ち取れるなんて本当にすごいですね!

ドラマ「覚悟はいいかそこの女子」のメイキング映像がありましたのでご紹介します!

本当にキラキラしている彼女が素敵ですね!

 

高校は堀越高校に通い、その後は大学には通わず演技一本で頑張っているということです。

今回のヒロイン抜擢で、更に活躍の場が広がりそうですね!




3:恒松祐里の性格は?

もともと引っ込み思案だった恒松祐里さん。

オーディションを受け続けることで照れ屋な性格は克服され、今や周りを引っ張っていくほどのリーダーシップを持つ性格に変わったそうです。

そして明るい性格で、周りを楽しませたり和ませたりすることも多いのだとか。

本人曰く「しつこいくらい面白いことを言ってしまう」のだとか。

周りの雰囲気に気を配り、楽しませることを忘れない優しさを持つ性格なのでしょうね。

今回の映画の撮影もとても楽しい現場になりそうですね!

4:恒松祐里の演技力は?

子役として10年以上女優として活動している恒松祐里さん。

様々な役が演じられるということで昨年も多くのドラマや映画に出演。

昨年は「トーキョーエイリアンブラザーズ」「もみ消して冬」などにも出演し、数多くの役を演じていましたので、演技力はかなり高い方ですね!

Twitterでも絶賛のコメントがありましたよ!

そしてオーディションで培った度胸もあるので、アドリブなどにも柔軟に対応できるのではないでしょうか。
今回の香取慎吾さんとの共演も楽しみですね!

5:まとめ

いかがでしたか?

今回大抜擢でワクワクが止まらないですね!

映画を楽しみにしていましょうね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。