舞台、劇

最貧前線(舞台)の原作やあらすじは何?出演するキャストも調査!

こんにちは!

風間俊介さんが舞台「最貧前線」に出演することがニュースでわかりました!

 

View this post on Instagram

 

☆風間俊介💙 ・ ・ ・ #風間俊介

さくみん(みな)ジャニーズ専用垢さん(@johnnys_love_sakumin)がシェアした投稿 –

ファンにとっては嬉しい報告ですよね!

色々と出演する番組が気になりますね!

最貧前線(舞台)の原作やあらすじは何?出演するキャストも調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。







1: 最貧前線(舞台)の原作はあるの?

今回舞台化された「最貧前線」。

こちら原作がありました!

原作者は宮崎駿さん!

「となりのトトロ」「ハウルの動く城」「紅の豚」など、誰もが知っているアニメ作品を手がけた方です!

1980年~90年台、模型雑誌「月刊モデルグラフィックス」に不定期に連載されていた「宮崎駿の雑想ノート」から生まれました。

「宮崎駿の雑想ノート」は、戦争の時代に兵器と人間が織りなしたドラマを描いた、連作絵物語&漫画で、この中からあの「紅の豚」も生まれています。

その中で「最貧前線」11番目の物語として掲載されていました。

宮崎駿の雑想ノート増補改訂版 [ 宮崎駿 ]

なんと5ページの小品なんですね!

ただ、5ページの中には宮崎駿氏らしいユーモアとスペクタクルを併せ持った内容となっていて、読み手に強烈なメッセージを伝えてきます。

CD版も発売されていますので、気になる方はぜひ聞いてみてはいかがでしょうか?

【メール便送料無料】イッセー尾形 / 宮崎駿の雑想ノート3「最貧前線」[CD]

Twitterにはこの最貧前線をアニメ化してほしいという意見もありました。

 

2:あらすじは何?

こちらの「最貧前線」の内容も気になりますよね。

物語の舞台は太平洋戦争末期の日本。

ほとんどの軍艦を敵国に沈められた日本海軍は、来襲するアメリカ軍の動きを探ろうと、漁船を特設監視艇に変えて太平洋に送り出す作戦に乗り出します。

その漁船に乗り込んだのは、元々乗組員である漁師たちと、海軍の兵士たち。

戦いの海の最前線に送り込まれた男たちは、果たして待っている家族のもとに無事帰って来られるのだろうか・・。

絶対ハンカチなしでは見られない内容ですね!

風間俊介さん自身も「新時代を生きるすべての人に、伝えていかないといけないこと、伝えたいことがすべて伝えられるように全力で演じます!」と意気込んでいましたので、これは見に行かないといけませんね!

書き足りない作品だったと当時の宮崎駿氏は話していましたので、舞台化ということでどこまで内容が濃くなるのかも気になります。

また宮崎駿氏のオリジナル作品が国内で舞台化されるのははじめての事なので、どんな舞台になるか期待して待っていましょうね!

 




3:出演するキャストは誰?

今回の舞台では、主演を内野聖陽さんが務めます!

内野さんは過酷な海の最前線に放り込まれて同船のエリート軍人たちと対立しながらも、仲間の漁師たちを家族の待つ母港に帰そうと懸命に努力する漁船「吉祥丸」の船長を演じます。

そして、原作にはない艇長役に風間俊介さん!

今回プロデューサーで脚本を担当した水戸芸術館の井上桂氏が「船長や漁師たちとの対立を描きたい」という要望があり、今回艇長という役が作られたそうです。

軍人でも人間味のあるキャラクターは風間俊介さんにピッタリと、太鼓判を押されています!

そして他のキャストは溝端淳平さん!

 

View this post on Instagram

 

#有村架純#溝端淳平

Kasumiさん(@kasumi.ari02)がシェアした投稿 –

そしてベンガルさんが共演します!


他のキャストはまだ公開されていませんので、公開され次第追記していきますね!

 

4:まとめ

いかがでしたか?

2019年8月末より茨城・水戸芸術館 ACM劇場、東京・世田谷パブリックシアターほか6カ所にて上演されるこちらの舞台。

宮崎駿さんらしい内容に、風間俊介さんや内田翔陽さんの表現力が加わって、きっと素晴らしい舞台になりますね!

最貧前線(舞台)の公演会場はどこ?アクセスや日程についても調査!

今後の情報に注目しましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。