tofubeats(歌手)の経歴や名前の由来は?彼女や結婚しているかも調査!

この記事は3分で読めます

こんにちは!

鈴木京香さんがCDデビューすることがわかりましたね!

 

その中で「水星」のカバーを歌われますが、この曲を作られたtofubeatsさんが気になってしまいました!

tofubeats(歌手)の経歴や本名は?彼女や結婚しているかも調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。







1: tofubeats(歌手)の経歴や本名は?

それでは、tofubeatsさんのプロフィールや本名をご紹介します!

名前: tofubeats(トーフビーツ)

生年月日:1990年11月26日
出身地:兵庫県神戸市

関西学院大学経済学部を卒業しています。

歌手であり音楽プロデューサー、さらにDJやトラックメーカーと幅広く活動しています。

本名は河合 佑亮(かわい ゆうすけ)さん。

tofubeatsという名前の前は、ibonne(イボンヌ)というMCネームで活動していたそうですが、2007年にtofubeatsに改名したそうです。

改名の理由は、

・読みやすく書きやすい

・覚えやすく検索で名前がかぶらない

・comのドメインが取得出来る

・キャッチーである

といった理由からだそうで、少し海外も意識しているそうだとか。

ちなみに意味や由来はないそうです。

ハードオフやブックオフのお店などで集めた中古CDやレコードとパソコンを駆使し、楽曲制作活動を行っています。

このとき集めた90年台の音楽からはかなり影響を受けているそう。

中学生の頃よりインターネット上に楽曲をリリースしていたそう。

その作品の1つがimdkmのwebサイトで紹介された事がきっかけとなり、dj newtown名義にて参加しています。

その後WIREの史上最年少の出演を果たし、「平成生まれ世代のトラックメーカー」として、音楽業界に着実にその名前を広げている一人です。

大物アーティストとのコラボを成功させ、数多くの実績を積んでいます。

2013年11月13日、ミニアルバム「Don’t Stop The Music」でメジャー・デビューを果たします。
なんとこのCDには森高千里さんや神聖かまってちゃんの”の子”さんが楽曲に参加しているんですね!

ちなみに森高千里さんの大ファンなんだそう。

その後「Lost Decade」がiTunes Store総合1位を記録する快挙を成し遂げています!

さらに2016年にはSPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で、もっとも優れたダンスミュージックアーティストに授与される「BEST GROOVE ARTIST」を受賞しているんですね!

実力も兼ね備えたtofubeatsさん。

これからの活躍が期待されますね!

 

2:彼女や結婚しているかも調査!

tofubeatsさんには彼女がいるのでしょうか?

また、すでに結婚などされているのでしょうか?

こちらは色々と調べてみましたが彼女や結婚の情報がありませんでした。

様々な方とコラボしているので交友関係は広いと思われますので、出会いはたくさんあると思います。

大切にされている彼女はいるのでしょうね!

こちらも引き続き調査していきますね!




3:どんな曲を作っているの?

楽曲提供だけではなく、リミックスも行っているtofubeatsさん。

これまでには佐々木希さん、YUKIさんももいろクローバーZさんなどのリミックスも手がけています。

代表曲は星野源さんもカバーされている「ディスコの神様」

Dream、E-girlsの元メンバー、Dream Amiさんとコラボ下楽曲「POSITIVE」

そして今回鈴木京香さんもカバーされる名曲「水星」を聞くと、tofubeatsさんがいかに才能があるかわかります!

また、「朝が来るまで終わる事のないダンスを」の曲は、盟友でありファンでもあったimoutoidさんが亡くなられたとき、その死を悼みテーマとして作られた曲です。

BONNIE PINKさんともフィーチャリングしています!

様々な音楽を生み出しているtofubeatsさん。

これからの活動も楽しみですね!

4:まとめ

いかがでしたか?

音楽は人に様々な感動や思いを与えるのは本当だなあ・・とtofubeatsさんの曲を聴いて思います。

鈴木京香さんとのコラボもとても楽しみですね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。