福山潤の経歴と人気キャラや代表作は?新会社設立して活動は今後どうなる?

この記事は3分で読めます





こんにちは!

毎日アニメが好きで、ついついネットやYou tubeでアニメを見てしまうみやもんです。

3月31日、人気声優の福山潤さんと立花慎之介さんのアクセルワン退社、新会社BLACK SHIP株式会社を設立しましたね。

多彩な活動をしている福山潤さんが独立して、今後の声優界にも変革が訪れそうですね!

今日はその福山潤さんの経歴と人気キャラや代表作、今後の活動について書いていきたいと思います。

 

1:福山潤さんの経歴は?

頭の回転がキレて様々なキャラクターやお仕事をこなす福山潤さん。

1978年11月26日生まれの40才(2018年現在)。

仲の良いお兄さんがいて、休日も一緒に過ごす仲のようです。

血液型はA型。

大阪府立大冠高等学校を卒業し、声優養成所、青二塾に入ります。

声優を志したきっかけは「好きな女の子が声優を目指していたから」

好きな女の子と一緒の声優を目指して、今や大人気の地位を確立しているなんて、本当にすごいですよね!

あだなは「潤」「じゅんじゅん」

その呼ばれ方からも、親しみやすい人柄なのでしょう。

また、体を鍛えることが好きで、バラエティ番組『福山ッスル』というスポーツトレーニング番組ができるほどです。

声優業では、優しい青少年やクールな美少年、下品な役まで幅広くこなし、また役柄に合わせてクールや熱血漢の青年、悪役やコミカルな役まで演じることができるので、数多くの作品に出演しています。女役まで演じることができるので、アニメだけでなくゲームなどにも引っ張りだこの声優さんです。




 

2:人気キャラ、代表作は?

数多くの作品に出演している福山潤さん。

なんといっても代表作で人気なのは、コードギアスの主人公、ルルーシュ・ランペルージ

そして、「おそ松さん」の松野一松

他にも、『暗殺教室』の殺せんせー

黒執事のグエル

黒子のバスケの花宮真

テガミバチのゴーシュ・スエード

イクシオン サーガ DT のマリアンデール!

そして!人間以外にも、しろくまカフェのパンダ

私の一押し、赤髪の白雪姫の白雪姫のラジ・シェナザード

少年や青年に限らず、女性からパンダまで本当に幅広く役をこなす声優さんですね!

人気なのも頷けますね!

 

3:独立した内容は?

福山潤さんは、自身のツイッターで、新会社を設立したことを発表しています。

『この度、私、福山潤は立花慎之介と共に新会社BLACKSHIP株式会社を開業する運びとなりました。 変わる事なく愛する声優業とより真摯に向き合い、皆様に楽しい事を届けられる様笑って出航致します!』(福山潤Twitterより引用)

これまでも番組内で一緒に活動していた立花慎之介さんも、自身のオフィシャルブログで同じ内容を報告しています。

 

また、所属していたアクセルワンのHPにも、3/31付で「福山潤、立花慎之介 ご報告」とあり、アクセルワンを退社したことが報告されています。

『いつも応援してくださるファンの皆様 関係各所の皆様へ

いつも皆様には大変お世話になっております。

この度、福山潤、立花慎之介が3月31日付けで弊社所属を離れることとなりました。
今後は、新しく設立した会社で活動することになります。

在籍中は、多大なるご声援を頂きましたことを、此処に厚く御礼申し上げます。

平成30年3月31日 株式会社アクセルワン』(株式会社アクセルワンHPから引用)

退社は淋しいですが、福山潤さん曰く「4月1日は本当に記念すべき日」と述べています。

これからの会社での活動を充実させることを胸に、アクセルワンを円満退社し、BLACKSHIP株式会社を設立したんですね!

 

4:今後はどうするの?

独立した後はW社長である立花慎之介さんと共に、時代の変化に適応できる人材の育成に努める事、また、声優業界を越えた分野にも活動の幅を広げていきたいとHPで述べています。

BLACKSHIP株式会社HP:https://www.blackship.jp/

立花慎之介さん、福山潤さんも声優業を始めとしてナレーターや歌手、そして作家活動など、マルチな才能を持っているので、様々な活動やイベントを主催し、声優さんを育成しながら、声優業を越えたコラボイベントなども企画してくれそうですね!

ブログやツイッターもこれから始動していくとの事なので、今後の活躍から目が離せないですね!

個人でも活躍している福山潤さん、立花慎之介さんと共に、どんな楽しい活動をしてくれるか、今後要注目です!

声優立花慎之介の経歴と人気キャラや代表作は?独立後の活動はどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。