東京の雪(2019)はいつまで降る?雪の日の外出時の持ち物や気をつけること

この記事は3分で読めます

こんにちは!

今日は関東地方も雪が降っていますね!


この雪、いつまで降るのか気になりますよね。

東京の雪(2019)はいつまで降る?雪の日の外出時に気をつけること

今日はそれについて書いていこうと思います。







 東京の雪(2019)はいつまで降る?

今回最強寒波の影響で降り出した雪。

今日2月9日は雪マークが出ていますので、雪が降る可能性があります。

しかし翌日は曇りの予報ですので、降っても今日までではないかと思います。

しかもうっすらと積もる予報ですので、ドカッと降り雪だるまができるほど積もるわけではなさそうです。

ただ、現時点でも交通状況に影響が出始めていますので、もし外出される時にはまず電車などの運行状況を確かめてから行かれることをおすすめします!

東京都の運行状況はコチラ

JR東日本の運行状況はコチラ

東京都交通局の運行状況はコチラ

雪の日の外出時の持ち物は?

雪の日の外出時の持ち物は何があると便利かな?

いろいろと考えますよね。

では持ち物リストをここでご紹介しますね!

①防寒具

これはもう間違いないですね。

ニット帽・手袋・コートはもちろん装備していきましょう。

イヤーマフもあると耳が凍りそうなほど冷えないですみますよ!

意外と足も冷えますので、靴下は防寒タイプのものを履くと良いですね。

②ホッカイロ

どれだけ防寒対策をしていても、寒いと体が冷えてきます。

そういった時にホッカイロがあると、じわーと体が温まってくるので持っていきましょう。

ホッカイロだけではなく、温かいお茶があると更にいいですね。

私は雪の日は必ず水筒に温かいお茶を入れてでかけます。

電車の待ち時間などに少し飲むと体の芯からあたたまりますよ!

③タオル

これは意外と忘れがちですが、雪で濡れた時に重宝します。

体が冷えてしまうと風邪を引きやすくなりますので、これはハンドタオルとかでもいいので持っていくと便利ですよ!

④傘

雪が止んでいる時は必要ないと思っていることがあると思いますが、傘があると様々な場所で便利です。

雪解けが始まってポタポタしずくがたれている場所の下を歩く時、急に雪が降ってきた時は重宝しますので、折り畳み傘をカバンに入れておくことをおすすめします。

⑤靴下

案外靴って雪の中を歩いていると濡れるものです。

こういった時に替えの靴下があると便利ですよ。

足元から冷えてくるとなかなか温まりませんので、濡れたら替えられるように持っていくと便利ですね。

カバンに余裕がある場合は持ってきましょう!

 




 

雪の日の外出時に気をつけることは?

雪の日。できれば家にいて外出しない方が良いのですが、お仕事や学校、試合や試験など、どうしても外出しないといけないこともありますよね。

そういった時どういうことに注意すれば良いのかをかいておきますね!

①電車の遅延情報に気をつける

②外出時は必ず防寒対策をバッチリと

③必ず両手が空くようなリュックや肩掛けバッグで外出

④時間に余裕を持って出かける

⑤あるきかたは足の裏全体をつけて足幅を狭く歩く

⑥上から雪が落ちてくることもあるので、歩きスマホやイヤホンはしない

こういったことを気をつけて外出してくださいね!

なお、車の運転は極力しないほうが良いでしょう。

どうしてもという場合は、急がつく行動(急ブレーキ、急発進)は避け、車間距離はいつもの2倍あけてゆっくり運転しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

積もっても「うっすら」だという今回の東京の雪。

怖いのは明日の朝、凍結が心配ですね!

くれぐれも外出時には気をつけてでかけてくださいね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。