松坂大輔(中日)の怪我の具合は?初登板や復帰時期についても予想!

この記事は3分で読めます

こんにちは!

もうすぐ開幕するプロ野球ですが、私の大好きな中日の松坂大輔選手が、キャンプ地の沖縄からセカンドオピニオンを受けるということで離脱されたことがわかりました!

怪我の具合によっては、沖縄に戻らない可能性も出てきたそうです・・・

心配ですね。

松坂大輔(中日)の怪我の具合は?初登板や復帰時期についても予想!

今日はそれについて書いていこうと思います。








松坂大輔(中日)投手の怪我の具合は?

今回の事態の原因は、キャンプ中にファンとの接触で右腕を引かれ、その後痛みを訴えていた松坂大輔選手。

どんな風に引っ張られたのか・・・と私も不思議だったのですが、このように囲まれていたとは驚きました。


どこからどう右腕を引っ張られたのか、これでは全く予想もつかないし自身で防ぐこともできませんよね。

沖縄県内の病院では「右肩の炎症」という診断が出たとのこと。

さらに精密な検査をするため、かかりつけ医がいる関東か名古屋の病院へ、キャンプを離脱して向かったのだと思われます。

松坂大輔選手は2015年のオープン戦登板後、右肩の筋肉の疲労などで離脱し、同年8月18日に内視鏡下による「右肩関節唇及び腱板クリーニング術」「ベネット骨棘切除術」「後方関節包解離術」を受けています。

完治したと思われていましたが、今回の怪我でその右肩がまた悪くなってしまったのでしょうか・・・

セカンドオピニオン後、球団か本人から声明が出ると思いますが。セカンドオピニオンを受けるということはかなり悪い状態なのかもしれません。

心配ですが、今後の情報に注目していきましょう!
(追記)

14日にセカンドオピニオンを受けた松坂大輔選手ですが、15日にも再検査を受けたそうですね。

中日の与田剛監督も、「1週間や10日で引く程度の炎症ではない」というコメントを残しています。

本当に怪我の具合が心配ですね。

 




松坂大輔投手の初登板や復帰時期についても予想!

松坂大輔選手は14日、球団と面談をするという情報があります。

つまり、怪我の様子を見て、今後の登板について球団と話し合うということなのですね!

ソフトバンク時代は怪我に苦しみ3年間で登板は1試合のみでした。

昨年は6勝をあげ、「カムバック賞」も受賞している松坂大輔選手。

これから!と期待が高まるだけに、できるだけ早く復帰してほしいですね!

しばらくはノースロー調整を続け、右肩の炎症の治療に専念すると思われますので、開幕戦ではなく、5月以降の登板になるのではないでしょうか。

精密検査での結果しだいと思われますので、今後の情報に注目ですね!

まとめ

いかがでしたか?

ファンサービスが厚く、ファンからも慕われている松坂大輔選手。

今回のようなことになって本当に残念ですし、怪我の具合も心配です。

ファンとの接触もこれから何かしらのルールが決まって、選手を守っていく方向に動いていくのではないでしょうか。

今後の情報に注目していきましょう!

早く回復されることを願っています!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。