ドラマノーサイドのあらすじや原作は?チームナックスの共演はあるかも予想!

この記事は2分で読めます

こんにちは!

俳優の大泉洋さんが、ついに!ついに!

井戸潤さん原作のドラマの主演に決まりましたーー!

おめでとうございますーー!

ドラマの名前は「ノーサイド(仮)」。

いろいろとピン!と反応した人も多いのではないでしょうか?

いろいろと調べてみましたよ!

ドラマノーサイドのあらすじや原作は?チームナックスの共演はあるかも予想!

今日はそれについて書いていこうと思います。








 ドラマ「ノーサイド」のあらすじは?

今回大泉洋さんが演じるのは、大手製造メーカー「トキワ発動機」に勤務する中堅サラリーマンの君嶋隼人という男性です。

会社の幹部候補だったものの、上司の企業買収に異を唱えたことにより人生が一変してしまいまい、地方工場への左遷人事を受けてしまいます。

そこで総務部長として着任した君嶋は、その工場のラグビー部「アストロズ」のゼネラルマネジャーを兼務することになってしまいます。

ただ、そのラグビー部もかつては強豪だったものの今は成績不振。

ラグビーの知識も経験もない君嶋が、どうチーム再建に挑むのか。

左遷された男と低迷したラグビー部はどう再起していくのか。

井戸田潤さんの面白さが詰まった作品になりそうですね!

 

ドラマ「ノーサイド」の原作はあるの?

この「ノーサイド」の原作、気になりますよね。

私もこのドラマの前に読んでおきたいなーなんて思いました。

井戸田潤さんが原作であることは間違いないんですが、実はこのドラマのために現在書き下ろしているそうなんです!

そのため原作小説がまだ発表されていないので、発売日を楽しみに待ちましょう!

おそらく現在執筆中、7月放送予定ということなので、5月~6月頃、もしくはドラマの放送直前に発売されるかもしれませんね!

引き続き調査していきますので、気になる方は是非ブックマークをお願いします!

出世を絶たれた男と落ちぶれラガーマンたちの再起の戦いを描く。




チームナックスの共演はあるかも予想!

井戸田潤さんのドラマを手がける伊与田英徳プロデューサーは、TEAM NACSの素晴らしさを実感し、この集団といつか仕事をしたいと思っていたそう。

TEAM NACSのメンバーは、大泉洋三他のメンバーはすでに井戸田潤さん原作のドラマに出演されていましたよね。

安田顕さん、戸次重幸さん、森崎博之さんは「下町ロケット」に、音尾琢真さんは「陸王」などに出演され、今回大泉洋さんが最後の起用となりましたね。

あらすじを見る限りでは、メンバーのうち誰かが出演する可能性が高いですよね!

さらに原作が今回執筆中とあるということで、メンバー全員が何かしらの役で出演することは、他のドラマよりもしやすいのではないのでしょうか。

プロデューサーの意向も執筆中であれば汲みやすいですよね。

個人的には全員出てほしいんですが・・・

なので、メンバー最低でも1人、もしくはあらすじによっては5人登場してくれるかもしれませんね!

今後の情報に期待しましょうね!

 

まとめ

いかがでしたか?

大泉洋さんは朝ドラ「なつぞら」のオファーがあったそうですが、断っていたそうで、それはこのドラマの主演が決まっていたからなんですね!

大泉洋さんのあの素晴らしい演技がまた見られるなんて嬉しすぎますね!

ドラマ「ノーサイド」は、2019年7月、毎週日曜午後9時から放送予定です!

楽しみにしていましょうね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!











 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。