山瀬慎之介(星稜)のプロフィールや実力を調査!進路や奥川選手とのエピソードも

この記事は3分で読めます

こんにちは!

91回目の選抜高等学校野球大会がいよいよ迫っていますね!

今回も星稜高校は優勝候補として注目されています!

その中でもドラフト指名間違いないと言われているのが、奥川恭伸選手。

奥川恭伸(星稜)の実力やドラフト指名の可能性を調査!家族構成や経歴も

すごい実力の持ち主ですね。

そしてその奥川投手とバッテリーを組むのが、山瀬慎之介捕手。


山瀬慎之介捕手も、ドラフト指名の可能性がある捕手だということなので、いろいろと調べてみました!

山瀬慎之介(星稜)のプロフィールや実力を調査!進路や奥川選手とのエピソードも

今日はそれについて書いていこうと思います。







 山瀬慎之介(星稜)のプロフィールや経歴を調査!

それでは山瀬慎之介捕手ほプロフィールを紹介します!

 

View this post on Instagram

 

. バッテリー #星稜 #高校野球 #奥川恭伸 #山瀬慎之介

りえさん(@kumatarou.06fk)がシェアした投稿 –

名前:山瀬慎之介(やませ・しんのすけ)

生年月日:2001年5月4日

出身地:石川・かほく市

身長:177cm

体重:82kg

投打:右投右打

名前の由来は巨人の阿部慎之助さんだというからすごいですね!

ご両親がファンだった阿部慎之助さんからとった名前だそうです。

山瀬慎之介捕手もキャッチャーを務めるなんて何か不思議な縁がありそうですね・・・

山瀬慎之介捕手は宇ノ気小学校2年生から宇ノ気ブルーサンダーで野球を始めます。

肩の強さを買われ、その時からキャッチャーだったそうです。

小学校6年生の時には県大会で準優勝。

そして宇ノ気中学校に進学し、3年生の時に全国中学校軟式大会で見事優勝しています!

そして星稜高校に進学し、1年生の秋から背番号2を背負いマウンドに立ちます。

山瀬慎之介捕手の実力を調査!

小学校時代からキャッチャーを務めた山瀬慎之介捕手。

盗塁がバンバン決まる小学校4年生以下の試合でも、盗塁を制していたそうなので、小学校当初から奥川投手をしっかりと援護していたのでしょうね!

全国大会でも優勝していますので、実力はかなり高いと思われます。

こんな評価もありました。


素晴らしいですね!

二塁送球へは1.8秒と驚異の数値を誇ります。

盗塁を制するほどの肩の強さが今回の試合でも生かされるのでしょうね!

キャプテンとして前に出ることがあっても、決して出すぎることもせず奥川投手やチームメイトを鼓舞し続ける山瀬慎之介捕手は、大黒柱としてチームの勝利に貢献していくことでしょうね!

(追記)

第1試合、履正社を破り第2試合にコマを進めました!

さすがだという試合展開に、ファンは感動していたと思います。

動じずしっかりと奥川投手の球を受け止めていた山瀬捕手。

次の試合も頑張ってほしいですね!

今後の進路を予想!

山瀬慎之介捕手は進路はどうするのでしょうか?

色々と調べてみましたが、進路に関する情報はありませんでした。

試合の結果やドラフト指名の可能性を見て、大学進学かプロに行くのかは決めていくのでしょうね。

今後の情報に注目ですね!




奥川選手とのエピソードも紹介!

奥川投手と初めてであったのは小学校1年生の時。

小学校2年生までは同じクラスだったそうです。

当時奥川選手への第一印象としては「ガキ大将」という感じだったので、今と真逆だったようですね。

同じやきゅチームに属してからは奥川選手やチームメイトと一緒に山瀬選手の家でゲームをしたり野球をしていたそうですよ!

バッテリーの相性はよく、高校に進学するときも二人で相談して、奥川選手は山瀬選手と同じ星稜高校に決めたというのですから、二人のきずなの固さは相当なものだったのでしょうね!

奥川選手は「山瀬選手がいるなら大丈夫」と、当初志望していた寮生活の高校ではなく星稜高校を選んでいます。

今年も様々なエピソードが生まれそうですね!

まとめ

いかがでしたか?

星稜高校のキャプテンとして、気を引き締めてチームメイトの成長や結束を高めている山瀬慎之介捕手。

将来はぜひ阿部慎之助選手とともに試合をしてほしいものですね!

これからも応援していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!










  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。