スポーツ

村田凜(札幌第一)の経歴や家族構成を調査!!実力や進路についても

こんにちは!

いよいよ近づいてきた第91回選抜高高等学校野球大会。

今回も注目選手がたくさんいますね!

私が注目する選手の一人に、村田凜選手という選手がいます。

村田凜選手と言えば、2019年のドラフト候補としてとても有名ですよね。札幌第一高校の2年生で、捕手として活躍しています。
札幌第一高校といえば、3月23日に開幕する第91回選抜高校野球大会に出場します!
その札幌第一高校の中で注目の選手、捕手を務める村田凜選手。
そんな村田凜選手の経歴や家族構成、実力、そして気になる今後の進路について調べてみました!







 村田凜(札幌第一)の経歴や家族構成を調査!!実力や進路についても

まずは村田凜選手の経歴、プロフィールをご紹介いたします。

名前・村田 凜(むらた りん)
所属・札幌第一高校
ポジション・捕手
利き腕・右投左打
身長・178cm
体重・93kg

投打:右投左打

小学生のときは「羊ヶ丘ブルースターズ」
中学生では「札幌南リトルシニア」に所属。
その後札幌第一高校に入学し日々練習に励んでいます。

経歴もすごいものがありました。

中学2年生で「2015年リトルシニア北海道連盟秋季大会」で優勝。
中学3年生では「2016年リトルシニア全国選抜野球大会」で2回戦まで勝ち上がりました。
高校に上がると、「2018年北海道高校野球春季大会」で優勝、「2018年全国高等学校野球選手権北海道大会札幌支部予選」も優勝し、「2018年北海道高校野球秋季大会」では準優勝を果たしています。

村田凜選手の活躍もありますが、強いチームに所属してますね!

強いチームで雪駄琢磨することで実力をつけ、チームの優勝にも貢献しているのでしょうね!
中学生の頃から高い評価を受けており、攻守ともに期待されているんです!

村田凜選手の家族構成は?

村田凜選手、どのような家族構成なのかを調べてみましたが、明確な情報がありませんでした・・・。
小学生の頃からチームに所属して野球をしているので、ご両親、もしくはご兄弟の影響などで野球をはじめたのかもしれません。

引き続き調査していきますね!!




村田凜選手の実力は?

村田凜選手はまさにチームの中心選手であり、新チームでは4番を務めています。

179cmで93kgという恵まれた体格で、昨年秋の公式戦では4本塁打はすべて打った瞬間の文句なしのホームランでした。

8打席4本塁打とは4番打者として文句ない実力を持っていますね!

打撃フォームも無駄がなく、甘く入った打球は確実に本塁打にすることができる全国トップクラスの実力を持っています。

26打席のうち三振も2つだけと少なく、捕手としても昨年からレギュラーを務めており、ますます実力をつけているのは間違いありません。

それだけなく、インパクトまで無駄のないレベルスイングを実現していることにも定評があります。春のセンバツでは攻守でアピールしていけば、一気に評価を上げるのではないかともいわれています。
パワー、打撃技術は目を見張るものがあり、実力は全国クラスです。全国的にもかなり注目の選手として取り上げられている村田凜選手。

2018年9月4日のホームランの動画がありましたが、圧巻ですね!

 

 

村田凜選手の進路は?ドラフト指名はどうなるの?

気になる村田凜選手の進路ですが、2019年のドラフト候補と言われています。
ただしプロになるのか、大学に進学するのかが注目するところですね。

本人はプロとしてこれからも野球とかかわっていきたいと思われますので、これからセンバツ、夏の甲子園が待っていますので、その結果次第で進路は変わっていくかもしれません。
村田凜選手の進む先に注目ですね!

まとめ

いかがでしたか?

今日は今注目の高校球児、村田凜選手について調べてみました。
今のプロ野球では打てる捕手はとても貴重です。

ぜひプロ野球で活躍してくれる捕手に成長してほしいと願うばかりです!

試合も応援していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!










ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。