西純矢(創志学園)の実力やドラフト指名の可能性について!経歴や彼女がいるかも調査!

この記事は4分で読めます

こんにちは!

創志学園の西純矢投手が連日話題になっていますね!
西純矢投手といえば、2年生にして侍ジャパンU18の日本代表第一候補にも選出された逸材として注目されています。

https://www.instagram.com/p/Bq9pz3enF3h/

色々と気になったので調べてみました!

西純矢(創志学園)の実力やドラフト指名の可能性について!経歴や彼女がいるかも調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。







西純矢投手(創志学園)の実力は?

西純矢投手といえば、2年生ながら飛び級で侍ジャパンU-18代表第一次候補に選出されたことでとても有名になりました。
そしてその後2018年の夏の甲子園で、あの金足農業の吉田輝星投手とともにNo.1を争うほどの投球を見せ注目を集めています。

そんな西純矢投手の実力はどれほどなのでしょうか。

プロのスカウトの評価では、
・きっちりコースに投げ分けることができるし、球に力がある。ドラフトは間違いなく上位候補。
・初回から全力で投げる。スライダーとフォークのキレ、

右打者の内角をつく制球もいい。

と高く評価を受けています。

そして私も驚きましたが、高校生にしてストレートの最速は150キロを誇っています。なかなかプロでもここまで出せないですよね。

センバツで西純矢投手を見たいと思いましたが、2018秋季近畿大会で広陵高校にコールド負けしたため、センバツ出場を逃しています・・・。残念です。

西純矢(創志学園)ののドラフト指名の可能性は?

西純矢投手のドラフト指名の可能性ですが、日刊スポーツが、「阪神が2019年秋ドラフトの上位候補として、創志学園(岡山)の西純矢を継続的にマークへ」と報道しています。
実はFA移籍で今年から阪神に加わっている西勇輝投手は、なんと遠い親戚だというのです!


もし阪神に入れば、「ダブル西」で話題になること間違いありません!

そしてプロの評価を見てもドラフト上位間違いなしと言われていることから、今年のドラフトでは1位指名の争奪戦になるかもしれません。




西純矢の経歴やプロフィールは?

ではここで、西純矢投手の経歴とプロフィールを見てみましょう!

 

View this post on Instagram

 

俺の好きな投手 春の選抜落選…(lll-ω-)チーン #西純矢 #甲子園 #投手 #カッコイイ #雄叫び #尊敬する人 #悲しい #期待します

啓人さん(@keito_2814)がシェアした投稿 –

名前・西 純矢(にし じゅんや)
生年月日・2001年9月13日
出身地・広島県廿日市市
身長・184cm
体重・79kg
ポジション・投手
投打・右投げ右打ち
学歴・広島市立鈴が峰小学校卒業→廿日市市市立阿品台中学校卒業→私立創志学園高等学校在学中
経歴・ 鈴が峰レッズ、 ヤングひろしま、私立創志学園高等学校

西純矢投手は、小学校2年生の時に少年野球チームの鈴が峰レッズで野球を始めます。
小学校の時は5年生の時にキャッチャー、6年生の時にピッチャーをしていたようです。

なんとキャッチャーをしていた時代があったんですね!
その後中学時代は、広島のボーイズリーグであるヤングひろしまでピッチャーをしていて、全国大会ベスト4まで勝ち上がるほどの活躍をしていました。

さすがですね!

高校はご存知のとおり岡山の創志学園で1年生から試合に出場し、2年生ではエースとして活躍しています。

ちなみに西純矢投手の父親は、脳出血で45歳で他界されています。
野球をはじめたきっかけは父親だった西純矢投手。一時は落ち込んでいたものの、仲間たちの励ましもあって今も野球に励んでいます。
野球帽のつばには、父親の命日を刻んでいるそうです。

西投手のピッチング映像がありましたので、ご覧ください。圧巻です。

彼女がいるかも調査‼

そんな西純矢投手、ここまで活躍していて人気ですので彼女がいるかもしれません!
というのも、西純矢投手はイケメンとしても話題なんです。

実際見てみてもかっこいいですよね。ここまでかっこいいと彼女がいてもおかしくないです。
調べてみましたが、彼女がいる!という明確な情報はありませんでした。

しかし、甲子園出場、イケメンとくれば彼女がいないことはないのではないでしょうか。

引き続き調査していきますね!

まとめ

いかがでしたか?

以上、高校野球界でかなり注目の高い西純矢投手について調べてみました!
ここまで評価が高いと、ドラフトもとても楽しみですね。
春にはセンバツでは西純矢投手を見ることはできませんが、夏の甲子園の出場を期待しています!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。