野球

佐々木朗希(大船渡)の実力やドラフト指名は何球団か調査!経歴や家族構成も

こんにちは!

私の大好きな高校野球全国大会。

春のセンバツがいよいよ始まりますね!

期待の高校生選手の一人に、大船渡高校の佐々木朗希投手がいます!

 

View this post on Instagram

 

【秋季高校野球岩手県大会:三位決定戦】 今日は秋季高校野球岩手県大会を観戦。 全国的に大注目の大船渡高校2年、MAX157キロを投げる佐々木朗希投手。 今日は先発せず、終盤のピンチに三番手で登板しましたが、逆転を許し…残念ながら決定戦に敗れました。 しかしまだ二年生。登板し投球練習を始めると、あからさまに速い‼️ 今日の最速は151キロでした。 三年生になったらどんな活躍を見せてくれるのか楽しみ。 って言うか、随分イケメンだなおい😓 #高校野球 #佐々木朗希 #大船渡高校 #大船渡高校野球部 #エース #ピッチャー #秋季高校野球 #157キロ 投手 #花巻球場 #はなきゅう #やきう #野球部 #白球 #青春

taka-shiraさん(@4rafuji3)がシェアした投稿 –

めちゃくちゃかっこいいですよね~!

実力もある投手なので、色々と気になることがあります。

佐々木朗希(大船渡)の実力やドラフト指名は何球団か調査!経歴や家族構成も

今日はそれについて書いていこうと思います。







佐々木朗希(大船渡)の実力はどう?

佐々木朗希投手の実力は何よりもその投球のスピードです。

中学時代にはすでに141kmの球を投げていたそうです。

高校に上がると1年時には147km、2年春には153km、夏には154kmと速くなり、秋には157kmまでの速さの球を投げられるようになりました。

力任せではなくゆったりしたフォームで投げているので、スピード以上の迫力を打者は感じますね。


高校2年生の段階でこのレベルなのは、大谷翔平投手や藤浪晋太郎投手を上回るものがあると注目をされているんですね!

長身なのをしっかりと活用して、神経を指先まで届くようにして投げるので、打者は打ちにくいのではないでしょうか。

現に高校2年夏の県大会の初戦となった盛岡三戦では「4安打11K6四死球2失点」の完投勝利を記録しています。

秋の新チームからは1番の座をつかみ、県大会でも4戦連続2桁奪三振を記録し、県大会35回で50奪三振を積み上げチームをベスト4に導きました!

だからこそ、今回の春の甲子園に選ばれなかったのが本当に残念ですね!

スライダーやチェンジアップ、フォークなどの変化球の質も高く、様々な投球で打者を翻弄する投手の一人です。

本人は高校時代にMax160kmを投げたいと意気込んでいます。

春の甲子園では見られないのが残念ですが、ぜひ夏は全国でこの素晴らしい投球を見せてほしいですね!

佐々木朗希(大船渡)のドラフト指名は何球団か予想!

今回、佐々木投手を注目している球団はどれくらいいるのでしょか。

中日・ロッテ・阪神・DeNa・ヤクルト・ソフトバンクからは「逸材でここまで完成されている高校生もすばらしい。予想以上で伸びしろもある。どれだけ成長しているか楽しみ」と、佐々木投手の活躍を心待ちにしているようです。

さらに楽天の宮越スカウトは、今年のドラフト1位候補として、かなり注目しているようです。

ということは

・楽天

・中日

・ロッテ

の3球団がドラフト1位指名をしてくる可能性は高いのではないでしょうか。

ただ他にも4天王と言われるように、プロが注目している投手がいます。

他の注目投手との対決をどう制していくのか。

それによっていくつ球団に指名されるかどうかなども変わってきそうですね!

イケメンなのでファンも多くつきそうですし、のどから手が出るほどの逸材になることでしょうね!

引き続き調査していきますね!

(追記)

先日行われた練習試合では、日米18球団45人のスカウト陣が視察に訪れ、その実力に大興奮だったそうです!

ヤクルトやソフトバンク、日本ハムのスカウト陣もそろって「高校生の規格を超えている」「1軍ですぐに投げられる」

「スカウト歴27年でもトップ10に入る」と絶賛しています。

これは期待が高まりますね!

ほぼ12球団が指名する可能性があります。

どうなってしまうのか、ドラフト会議が本当に楽しみですね!




 

佐々木朗希(大船渡)の経歴やプロフィールを紹介!

それでは佐々木朗希投手の経歴やプロフィールを紹介します!

 

View this post on Instagram

 

2年の秋にはMAX157㎞! #大船渡高校 #ワールドクラス #佐々木朗希 ☆来年には160到達⁇

千葉 高(ちばたかし)さん(@takashi_chiba_uma)がシェアした投稿 –

名前:佐々木 朗希(ささき・ろうき)

生年月日:2001年11月3日

出身地:岩手県陸前高田市

身長:189cm

体重:83km

投打:右投右打

出身校:陸前高田市高田小学校→大船渡市立猪川小学校→大船渡市立第一中学校→大船渡高校

佐々木投手は小学校3年生の頃から野球を始めます。

小学校4年生の時に東日本大震災で被災し、大船渡に移住します。

中学校の時には軟式野球部で活躍していましたが、そこでも活躍が注目され、オール気仙としてKB東北大会に出場し、準優勝もしています。

あの大阪桐蔭高校などからスカウトを受けたそうですが、

「中学の野球が楽しい。一緒に甲子園に行って地元に恩返しして盛り上げていきたい」との思いから強豪校のスカウトを断り、大船渡高校に進学したそうです。

仲間思いの情に厚い投手なんですね!

6月にはほぼ実績がない状態で高校日本代表候補にも選ばれています。

ただ、度重なるケガに悩まされた時期もありました。

中2の冬に腰疲労骨折、高1の秋に椎間板ヘルニアを経験しており、体づくりにより重点を置くようになったそうです。

まだまだ伸びしろのある投手なので、これからどんな練習や経験を積んでいくのかで成長具合も変わると思います。

これからが本当に楽しみですね!

佐々木朗希(大船渡)の家族構成も調査!

佐々木朗希投手の家族構成も気になったので調べてみました。

お母さん、お兄さん、弟さんの4人家族だそうです。

家族一丸となって、佐々木投手の応援をされているのでしょうね。

3兄弟ということなので、毎日にぎやかで食べる量も半端なさそうですね!

まとめ

今回は佐々木朗希投手について調べてみました!

甲子園経験はない大船渡高校、ぜひ夏の甲子園では出場して熱い戦いを見せてほしいですね!

これからも応援していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。