野球

長尾凌我(大分)のプロフィールや実力を調査!進路や江川侑斗捕手との関係も

こんにちは!
春のセンバツが盛り上がっていますね!
3月27日第2試合で大分高校が登場します!

選手層の中でもチームを引っ張るのが、長尾凌我投手ですね!

色々と気になりましたので調査してみました!

長尾凌我(大分)のプロフィールや実力を調査!進路や江川侑斗捕手との関係も

今日はそれについて書いていこうと思います。







 長尾凌我(大分)のプロフィールや経歴を調査!

それでは長尾投手のプロフィールを紹介します!

名前:長尾凌我(ながお りょうが)

生年月日:2001年4月24日

身長:176cm

体重:72kg

投打:右投右打

小学校から野球を始め、中学時代は大分明野シニアで実力を磨きます。

2016年のリトルシニア全国選抜野球大会では2回戦まで出場。

同年のリトルシニア日本選手権大会でも2回戦まで勝ち進みます。

大分高校に入学し、今回のセンバツでは甲子園出場を果たします。

目標は明豊を超えること。

 

 

 

長尾凌我(大分)の実力を調査!

長尾投手は名実ともにエースとして大分高校を引っ張っています。

秋の球種大会では3試合を完投。

制球力があり、変化球にもキレがあるので、打たせてアウトを取ることができます。

頭脳派のピッチングもできるので、わざと3ボール0ストライクにしてから、駆け引きで打ち取る場面もあったといいます。

成績もよく、普通に受験すれば県内トップの学校に行くこともできると監督は話しています。

試合展開を読み、自分で計算して投げることができますので、打ち取るのがなかなか難しい投手ですね!

直球の最速は132キロ。

それに2種類のスライダーやシュートなどの多彩の変化球を織り交ぜることで、打者を翻弄することもできます。

秋の県大会では予選から九州大会の準決勝まで全8試合に登板。

防御率は1.98を誇ります。

これからの成長の可能性も秘めている投手なので、甲子園でさらに経験を積んで強い投手になりそうですね!い」と気合を入れた。




 

進路はどうするの?

長尾投手の進路も気になりますね。

現時点での進路は調査しましたがわかりませんでした。

現在は大学進学を視野に入れて勉強と野球の両立をされているのではないでしょうか。

江川捕手と一緒の大学に進学することも考えているかもしれませんね。

今後の情報にも注目していきましょうね!

江川侑斗捕手との関係や仲はどうなの?

そしてバッテリーを組んでいる江川侑斗捕手。


この二人は実は幼馴染だそうです。

小学校・中学校・そして高校とバッテリーを組んでいるので、呼吸をするように相手のことや考えていることがわかるといいます。

ただ、そこまで分かり合うためにはたくさんぶつかって喧嘩をしてきたのでしょう。

だからこそここまで素晴らしいバッテリーを組めるんですね!

長尾投手は江川捕手が出したサインに一度も首を横に振らなかったといいます。

絶大な信頼を寄せているんですね。

仲のいい幼馴染と一緒に甲子園に行けるなんてすごくうれしいですし心強いですね!

まとめ

いかがでしたか?

試合相手は香川県の松山聖高校です。

いい試合になるよう応援していきましょうね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。