野球

根本翔吾(習志野)の経歴や実力を調査!性格や進路についても調査!

こんにちは!

劇的な決勝進出を果たした習志野高校!


おめでとうございます!

さすがですね!

その中で3番を背負っているのが根本翔吾選手!

 

View this post on Instagram

 

. #高校野球 #習志野 #根本翔吾 さん

さん(@m_sg89)がシェアした投稿 –

気になったのでいろいろと調べてみました!

根本翔吾(習志野)経歴や実力を調査!性格や進路についても調査!

今日はそれについて書いていこうと思います。







 根本翔吾(習志野)の経歴やプロフィールを紹介!

それでは根本翔吾選手のプロフィールを紹介します!


名前:根本翔吾(ねもと しょうご)

生年月日:2001年4月13日

身長:168cm

体重:65kg

投打:左投左打

小学校1年生から野球を始め、豊住ヤンガーズで実力を磨きます。

左投げながらチームの人数が少ないこともあり、投手兼捕手として活躍していたといいます。

卒業後は成田中学校に通いながら、名門である佐倉シニアに入部し、自分の才能を見つけて外野手のレギュラーを2年の時に獲得。

3年の時にはセンターとしてチームの優勝に貢献しました。

同じ佐倉シニアから憧れていた加藤選手が習志野高校で活躍しているのを知り、同じ道に進みたいと習志野高校に進学します。

1年秋にレギュラーの座をつかみ、現在は主将としてもチームを引っ張っています。

 

根本翔吾(習志野)の実力を調査!

根本選手は中学校1年、2年の時にリトルシニア全日本選手権大会で優勝を果たしています。

また、2015年のジャイアンツカップではベスト8の成績を残しています。

中学3年生の時に出場したジャイアンツカップでは見事ベスト4の成績を残しています。

中学時代、ハイレベルなメンバーに囲まれ練習することで、自分は「足が武器」ということを印象付けるほどだったといいます。

50m走では6秒1。

下半身強化で太ももががっしりしてきたので、安定性もあがり、打撃も安打を連発することができます。

その足を使った守備範囲は広く、守備にも定評があります。

一生懸命全力で取り組む姿勢が、ここまでの実力をひきだしているんですね。

運もある選手なので、ここぞ!という場面でチームを何度も救ってきましたね。

 

ただ、やはり運をつかむのは100%以上の実力が出せるよう普段から練習を欠かさない証拠だと思いますので、やはり根本選手はすごいですね!




根本翔吾(習志野)の性格は?

根本選手の性格は普段からとても明るい性格だそうです。

そしてとても純粋なので、周りにいる人間がそんな根本選手を応援しようという気持ちになるといいます。

ケガをした後もベンチでチームメイトのために声を振り絞り、鼓舞し続けたといいます。

ケガをしてしまったけれど、そこであきらめずに自分ができることを、と考え、チームメイトの精神的支柱となろうと、一生懸命に応援し続けたのでしょうね。

だからこそ、監督も「もう一度甲子園の土を踏ませてやる」と勝利第一の甲子園で、彼の思いをくみ取り、甲子園の舞台で試合をするという思いを叶えたいと思ったのでしょうね。

常に全力でプレーし、できることは100%する。

その努力があるからこそ、周りは彼を応援するのではないでしょうか。

進路やドラフトについても調査!

根本選手の進路も気になりますよね。

今の段階では進路についての情報がありませんが、大学進学を視野に入れてすでに受験勉強をしているのではないでしょうか。

ただ、甲子園の活躍や成績によってはプロに行きたい!ということも考えられます。

今後の情報に期待しましょうね!

まとめ

いかがでしたか?

星稜戦でケガをしてしまい、一時はどうなることかと思いましたが、復帰できて本当に良かったですね!

春のセンバツ決勝戦、東邦高校との試合は12:00~試合開始です!

悔いが残らないよう、チームメイト一丸となって全力で頑張ってほしいですね!

飯塚脩人(習志野)のプロフィールや実力を調査!家族構成や進路についても

兼子将太朗(習志野)の経歴やプロフィールを紹介!実力や進路についても

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。