注目の記事

新紙幣はいつから使えるのか調査!旧札はいつまで使えるのかも予想!

こんにちは!

2024年にお札のデザインが新しくなることがわかりましたね!


おめでとうございます!

記念紙幣でまた経済が活気づきますね!

では、新紙幣は私たちはいつから使えるのでしょうか?

また、旧紙幣となってしまった現在使用の紙幣はいつまで使えるのでしょうか?

今日はそれについて書いていこうと思います。









 新紙幣はいつから使えるの?

今回、デザインが一新することが分かった紙幣。

1万円札は渋沢栄一、5000円札は津田梅子、1000円札は北里柴三郎という偉人がデザインに選ばれましたね!


感じがガラッと変わっていますね。旧紙幣との違いがすごいわかりやすいですね・・・

新紙幣は2024年に刷新されるということですが、いつ頃から使えるようになるのでしょうか?

前回の紙幣のデザイン変更は2004円。

当時流通開始がされたのが11月1日でした。

つまり今回も、2024年11月1日に流通が開始されましたので、今回もその日に流通が開始されるかと思われます。

かといってすぐに新札が私たちの手元に届くことは考えられないので、世の中に出回ってくるのは、1か月~2か月ほどかかるのではないでしょうか。

つまり2024年の年末あたり、また2025年に入ってから、私たちが身近に新紙幣を使えるようになるのではないでしょうか。

さらに、ATMなどの機械対応も新札対応に追われますが、今回の発表を受けて新札対応になるよう改良されると思いますので、11月1日に流通が開始されてからすぐに新札でATMなども使用できると思われます。

これから銀行関係は大変ですね。

旧紙幣はいつまで使えるの?

そして気になるのが、新紙幣になってから現在使っている紙幣は「旧紙幣」となってしまうことです。

この紙幣たちはいつまで使えるのでしょうか?

さすがに新紙幣になったので旧紙幣は使えません。

・・・なんてことはないと思いますので、新紙幣が流通して私たちの生活に浸透したとしても使うことはできます。

何より旧紙幣の認知度はかなりありますので、10年ほどはしっかり使えるのではないでしょうか。

昔の紙幣に関してもATMなどでは対応していないので使えませんが、店頭などではしっかり使えますし、売ればプレミアがつくこともあります。

ただ、旧紙幣は偽札が大量に作られたりして政府も手を焼いていたことがあるので、新紙幣に切り替わったら徐々に旧紙幣は回収していくものだと思われます。

そのため、使いたくても回収されて新紙幣が出回り、旧紙幣が手元にない・・・ということもありますね。

20年くらいたったら旧紙幣のピン札にプレミアがつくことが予想されますので、もし少し手元に残せるのであれば残しておくと後でうれしいことになるかもしれませんね。




新紙幣の世の中の声は?

新紙幣が発表されてから、Twitterではかなり盛り上がっていました。


色々な声がありますが、使いやすいシステムを作ってほしいですね!

おわりに

いかがでしたか?

今回の新紙幣刷新で、経済がより盛り上がりを見せてくれることを願っています。

500円硬貨も新しくなりますね!

新500円硬貨はいつから使えるのか調査!デザインや他の硬貨が変わるのかも予想!

歴史上の偉人にもさらにスポットが当たるといいですね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!










ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。