注目の人

ケーシー高峰(タレント)は結婚して子どもがいるか調査!経歴や医師免許も

こんにちは!

お色気時事漫談で知られているケーシー高峰さんが、肺気腫のため85歳でお亡くなりになられましたね・・・


本当に残念ですね・・・

芸風が好き!という方が多かったですし、見たことある!という方も多いのではないでしょうか。


この方は結婚されていたんでしょうか。

お子さんはいたのかも気になりました。

いろいろと調べてみましたのでご紹介していきます。







 ケーシー高峰(タレント)は結婚しているの?

黒板やホワイトボードを使い、客をいじりながらお色気な漫談を繰り広げていたケーシー高峰さん。

結婚はされていたそうですが、奥さんの情報は公開していません。

奥さんは一般人のようですね。

いつ結婚されたかなども発表されていませんので、結婚などについては公表せずにいたのかもしれません。

ご家族に看取られて天国に旅立って行ったのかもしれませんね。

 

 

ケーシー高峰(タレント)には子どもがいるか調査!

ケーシー高峰さんと奥さんの間には一人お子さんがいたようです。

ただ、お子さんについてもあまり細かいことは話されていません。

一度テレビ番組「チマタの噺」の中で、お子さんがいることをお話ししていました。

なんと名前が「アミーゴ」だったというのだから驚きですよね!

漢字は「愛美吾」という名前なので、漢字一つ一つに思いが込められているのがわかります。

ただ印象としては自分のギャグをお子さんにつけてしまった、と受け止められてしまい、お子さんは学校でからかわれていたこともあったようです。

もし街中で呼ばれたら思わず「どんな人だろう?」と振り向いてしまいそうですね。




ケーシー高峰(タレント)の経歴やプロフィールを紹介!

ファンからも友人からも愛されていたケーシー高峰さん。

経歴やプロフィールを紹介しますね!

 

View this post on Instagram

 

テレビ東京にて新春お笑い名人寄席始まりました😄 #ケーシー高峰 さん #ニッチェ江上 さんとコラボコント

橋本マナミさん(@manami84808)がシェアした投稿 –

名前: ケーシー 高峰(ケーシー たかみね)

本名:門脇 貞男(かどわき さだお)

生年月日:1934年2月25日

出身地:山形県

血液型:AB型

愛称は「ドクター」として親しまれていました。

商社マンのお父さんと、医師家系のお母さんの元で生まれ、家業を継ぐために最初は日本大学医学部に進学しました。

インターンに1年8か月務めるも、教授と相いれなかったこと、そしてジャズやラジオに傾倒したために芸術学部に転部しています。

在学中に「坊られい」と名乗りクラブのMC業で頭角を現し、卒業後は本格的に芸人の道へ進みます。

漫才師「リーガル天才・秀才」に弟子入りし、最初は漫才コンビ「大空はるか・かなた」として活動をしていましたがその後解散。

その後1968年にアメリカの人気ドラマ「ベン・ケーシー」と、少年時代に大好きだった高峰秀子さんから取り「ケーシー高峰」として改名し、白衣姿で黒板やホワイトボードを使って医学を説明しながらもエロネタやギャグを交えていく独特の医事漫談を生み出し、お茶の間の人気者になりましたね。

「グラッチェ」「セニョール」「セニョリータ」などを連発し、このラテン系あいさつは当時の流行語にもなったそうです。

その芸風は立川談志さんやビートたけしさんも認めるほどだったそうです。

「笑点」の演芸コーナーの出演回数は歴代1位というから驚きですね!

また、俳優としても活動しており、1981年の「夢千代日記」ではその演技が高く評価され、2002年の「木更津キャッツアイ」でも、オカマのヤクザという難しい役も演じていましたね。

その人生の中では病気との戦いの日々でもありました。

2003年に持病の腰痛が悪化し、2003年には腰部脊柱管狭さく症と診断。

2005年には舌がん(舌白板症)にかかり、手術を受け完治しています。

2018年9月以降は患っていた肺の治療のため自宅療養をつとめ、2019年3月からは入院して治療していたそうです。

プライベートではカーマニアだったようで、免許を持っていないものの国産車・外車を何台も乗り継いできたこと、また趣味とネタ収集を兼ねて医学書を読んでいたようですね。

しっかりとした知識があるからこそ、こんな漫談ができるんでしょうね!

本当に惜しい人を亡くしましたね。

なぜ白衣を着ているの?医師免許はあるの?

ケーシー高峰さんはいつも白衣を着て医療ネタを話されています。

医師免許はあるのかな?と思いますよね。

ただ、在学中に転部していますので、医師免許は持っていません。

ではなぜ医学漫談をして、白衣を着ているのか。

それは。江戸時代から代々医師の家系であった母親へ少しでも恩返ししたいと思い、自分がなれなかった医師の恰好をして、医療の内容をネタにしながら漫談をしていきたいと思ったようです。

お母さんは在学中医師にならず芸術学部に転部した時に勘当されています。

それでも自分の道を進もうと決めたケーシー高峰さんが、自分にできる親孝行を精いっぱい考えた結果があの芸風というのだから驚きですね。

でも医事漫談はすごくわかりやすいし面白かったですので、もしケーシー高峰さんがお医者さんになっていたら、とても楽しい町医者さんとして人気がでそうですね!

おわりに

いかがでしたか?

Twitterでは悲しみの声がたくさんありました。


私は子供のころ、笑点の前座で見かけると、家族がいるからか微妙な空気が漂いながら笑っていたのがいい思い出です。

心からお悔やみを申し上げます。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。