コミックス

パーフェクトワールド1巻のあらすじや内容のネタバレ!感想についても

こんにちは!

ドラマ化にもなった「パーフェクトワールド」

どんなお話か気になりますよね!

1巻は主人公のつぐみと鮎川の再会などがメインになっています。

これから1巻の内容を紹介していきます。

ネタバレを含みますので、コミックスを読みたい!という方は、コミックスでぜひ読んでみてくださいね!

こちらで読むことができますよ!

↓約50万冊の本を配信中!試し読みもできる「ebookjapan」↓




 

ではまず、登場人物をご紹介していきますね!

 

川奈つぐみ(かわな つぐみ):26歳、インテリア関係の会社勤務

鮎川樹(あゆかわ いつき):つぐみの高校の同級生で初恋の人、一級建築士、車椅子の生活

ナベさん:鮎川の事務所のよき先輩

幸村美姫(ゆきむら みき):鮎川の元カノ。事故後に別れた

晴人(はると):事故で車椅子になった高校生。元強豪バスケ部のエースだった

舞花(まいか):晴人の彼女。事故後晴人に拒まれながらも1年以上通い続けている

<第1話 思わぬ再会>

インテリアデザイン会社に勤務している川奈つぐみは、取引先の設計事務所の飲み会で、初恋の相手である鮎川樹と再会する。

高校時代、自分はイラストレーターに、鮎川は建築士になることが夢で、よく話をしたことを思い出すつぐみ。

かっこよくなった鮎川に思わず見とれていると、帰ろうとした鮎川が手で体を移動させ、車椅子に乗り込んだ。

ナベさんから、大学時代に鮎川が事故にあい、歩けないからだということを知る。

翌日、つぐみは「簡単な気持ちじゃ付き合えないよね」と同僚が言うのを聞きカチンと来ながらも、自分も一歩引いたことを自覚していた。

 

仕事先で明るくふるまうつぐみに、鮎川は市民交流センターのコンペに応募すると話をした。

食事に行った時偶然に出会ったナベさんにからかわれ否定するも、鮎川から「そういう目でみたことないから」とハッキリ言われ落ち込んでしまう。

 

そんな中、鮎川が褥瘡で病院に担ぎ込まれたと連絡が入る。

病院ではベッドの上で必死に仕事をする鮎川がいた。

 

もう休んだらと気遣うつぐみに、

次がある保証もないのに、いつ死ぬかもわからないのに 今やらなきゃだめなんだ!

鮎川の姿に心打たれたつぐみは夜通し手伝い、何とかコンペを仕上げて応募することができた。

「俺 幸運な人間だ」と感謝の思いを伝える鮎川を前に、過去に終わっていたはずの想いがあふれ出してくることに、つぐみは気が付いていた。

 

<第2話 君に伝える言葉>

コンペは受賞を逃したものの、佳作を受賞して仕事を一緒にするようになってから、二人で外出することが増えていったつぐみと鮎川。

そんな時、外ではいつも鮎川に対する周囲の車椅子への痛い視線が向けられていた。

そんな時鮎川の口から、元カノの話題が出る。

それは高校時代付き合っていた雪村美姫の存在だった。

卒業後も付き合っていたことに驚くつぐみ。

別れたことに驚きながら「大変なことも一緒に乗り越えようって人もいるよ」というと、

俺、たまにウンコもらすこともあるよ?」と鮎川。

好きになったらウンコくらい平気だよ!」と叫ぶつぐみ。

 

 

そんなある日参加したクラス会で雪村美姫とばったり再会してしまう。

二人きりで話すために会場をでる鮎川と美姫

訝し気に質問をする同級生を背に、二人の後を追うつぐみ。

そこには、結婚すること、本当に好きだったの、と思いの丈を話す美姫。

ただ、鮎川はあまりにもそっけない態度だった。

泣きながら「誰にだって幸せになる権利はあるんだよ・・・」と告げる美姫。

 

その後、つぐみは付き合っていた時のことを美姫から聞いていた。

だんだんと周囲の圧力や視線につぶされていってしまったこと。

彼はそんな私を解放してくれたんだと。

そしてまっすぐにつぐみに聞いた。

「樹のことが好きなの?」

口をつぐんだつぐみに、「簡単じゃないよ」と残して去る美姫。

色々な思いが頭をめぐり、その場に立ち尽くすつぐみだった・・・

 

 

翌日、ジャンセン教会に行こうというつぐみに、鮎川は反対するも、つぐみの一言が彼の心を動かした。

「いい思い出だってぐちゃぐちゃになっちゃうよ!」

そして二人は遠くから美姫の花夢姿を見ていた。

美姫は笑顔と祝福でいっぱいだった。

鮎川に気づいた美姫に、鮎川が告げた最後の言葉。

「ありがとう」

想いを消化し、涙した鮎川を乗せて、車は東京へ向かった。

運命のめぐりあわせに感謝しながら、鮎川を愛し始めているつぐみがそこにいたー




<第3話 見えない痛み>

ある夜、鮎川は、痛むはずのない足の痛みに苦しんでいた。

「幻肢痛」という痛みだった。

「これ、寝れっかな 今日・・」

 

その後、車椅子バスケをプレイした鮎川に、バリアフリーのリフォームをお願いするつぐみ。

知り合いの息子さんが車椅子生活になってしまったので、いい設計士を探しているんだそう。

二人が向かった家には、高校生の車椅子の少年、晴人がいた。

挨拶もそっけなく、話を進めるも自暴自棄の晴人。

まだ障害受容ができていないんだと母親が頭を下げた。

二人が家を後にすると、そこにはくったくのない笑顔の少女がいた。

彼女は舞花といい、晴人の彼女だという。

障害を負ってから会ってくれない晴人に会いに、毎日通っているのだという。

ふさぎこみ自暴自棄になっている晴人を、車椅子バスケに誘う鮎川。

半ば無理やり連れて行った車椅子バスケで、毎日触っていたはずのボールを持ち、シュートを放つ晴人。

喜ぶ舞花や鮎川を背に、晴人は心の奥から思いを絞り出す。

どうすれば、歩けない自分を受け入れられるの・・・?

言葉につまるつぐみ。

その思いにこたえるように、鮎川が口を開いた。

「俺だって全然障害を受け入れられてなんかない」

でも 弱くても 障害を受け入れられないまま生きることもできると思っている

笑顔で言葉を繋ぐ鮎川。

「俺は君とバスケしてすげえ楽しかったよ。君は?」

「・・・事故にあってから、こんなに楽しかったの 初めてだ・・」

泣きながら晴人を抱きしめる舞花。

「かっこよかった。バスケしている晴人が一番好き」

 

その夜、再度痛みに襲われる鮎川。

そこにつぐみから電話がかかってくる。

変な奴、と思いながらも、誰かがそばにいるだけで、不思議と痛みが消えていくことに、鮎川は気づいていた。

「誰かがそばにいるだけで その痛みは 和らいでいくんだ」

 

<第4話 近くて遠い君へ>

今年はいつもと違う、鮎川がそばにいる冬。

そんな幸せを感じていたつぐみに、鮎川が入院したとナベさんから連絡が入る。

病室に行くとそこには鮎川の母親がいた。

早速意気投合する二人。

つぐみが帰った後「よかったじゃない」と話す鮎川の母親の言葉に、言葉を詰まらせる鮎川。

そんな鮎川は病院に捨てられていた子猫を飼うことになった。

 

入院の診察を受けた後、つぐみのことを問いただす母親に、鮎川はそんなんじゃない、と否定する。

そしてつぐみにも「もし俺を想っているのなら、その気持ちには応えられない」と告げる鮎川。

一人で生きていく、という鮎川に「わかんないよ!」と叫びながら立ち去るつぐみ。

全部終わってしまうー

途方に暮れるつぐみを鮎川の母親は呼び出した。

障害を負ってから、変わってしまった息子のことを母親は話し出した。

自分はいつか歩けるようになると望みを捨てきれなかったこと。

現実を悟ってから、穏やかになったようで自分だけに厳しくなってしまったということ。

鮎川の母親はそう長くは生きられないかもしれない、合併症で命を落とすこともあるかもしれない、と思いを吐き出し、

涙を流しながらつぐみに告げた。

「あの子には、誰かに苦労を負わせても、幸せになってほしい・・・」

その涙を見てつぐみは決心する。

鮎川に思いを伝えよう、と。

 

その決意のまま鮎川の家に行くと、いなくなった猫を探して鮎川が探し回っていた。

「俺のことはどうでもいいから家に帰ってくれ」とつぐみを気遣う鮎川に、思わず叫ぶつぐみ。

 

「一人で結論出すのやめてよ!」

「鮎川の代わりなんて いないのに・・・」

 

「・・・好きなの・・・・」

つぐみの涙をぬぐう鮎川。

 

そして二人で部屋に戻ると、そこにはたんすの引き出しに入っていた子猫を見つけた。

恥ずかしがる鮎川に、「なんでも受け止めるから」と思いを告げるつぐみ。

「髪 乾かさないと・・・」と返事をする鮎川に、たまらずキスをするつぐみ。

通じ合ったと思った夜。

その夜感じた幸せは 溶けて消える雪のように 脆かったのだと気づくのに、そう時間はかからなかった・・・




感想と次の予感

いかがでしたか?

かなり王道のラブストーリーという感じがしますが、やはり車椅子というハンディキャップが二人の恋愛を強くも弱くもしていきそうですね。

鮎川の閉ざされた心を、その純粋な思いで少しずつあたためて優しく開いていくつぐみ。

元カノとの決着も、鮎川のことを考えたからこそできることなんでしょうね。

始まった二人の恋を、どんなふうに二人は育てていくのでしょうか?

まだまだ登場人物も出てきそうですし、これからの展開に期待ですね!

美麗なイラストと共にこの世界観を味わいたい人は、ぜひコミックスを読んでみてくださいね!

↓約50万冊の本を配信中!試し読みもできる「ebookjapan」↓

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

→2巻のあらすじネタバレはこちら






ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。