コミックス

パーフェクトワールド2巻のあらすじネタバレ紹介!ライバルの想いは・・・

こんにちは!

パーフェクトワールド、1巻面白かったですね!

パーフェクトワールド1巻のあらすじや内容のネタバレ!感想についても

ピュアな恋愛の行方はどうなっていくのでしょうか?

今日は2巻の内容とあらすじをご紹介します!

ネタバレになりますので、コミックスで読みたい!という方はこちらをどうぞ!

↓約50万冊の本を配信中!試し読みもできる「ebookjapan」↓




 

それではまず、登場人物の紹介をしますね!

川奈つぐみ(かわな つぐみ):26歳、インテリア関係の会社勤務

鮎川樹(あゆかわ いつき):つぐみの高校の同級生で初恋の人、一級建築士、車椅子の生活

ナベさん:鮎川の事務所のよき先輩

幸村美姫(ゆきむら みき):鮎川の元カノ。事故後に別れた

晴人(はると):事故で車椅子になった高校生。元強豪バスケ部のエースだった

舞花(まいか):晴人の彼女。事故後晴人に拒まれながらも1年以上通い続けている

今回から登場人物が増えます!

是枝:つぐみの同級生。高校時代つぐみに惚れていたことも。IT関係の仕事をしている

長沢:鮎川のヘルパーで元看護師。つぐみをライバル視?

それではあらすじをご紹介しますね!

 

<第5話 深く想いの底へ>

足が動かなくなった時、一人で生きていけるよう、強くならないといけないと思っていた鮎川。

「鮎川の代わりなんていないのに・・・!」

そういわれたことで世界がもう少し優しいものかも、と鮎川は思い始めていた。

 

車椅子の忘年会でみんなで旅行に行くことになったつぐみ。

その時一緒に行ったコーチの嫁、石橋から「障害があるからこそ輝く恋もあると思うわ」と言われ、それはどんな恋かと考え始めたつぐみ。

旅行では吹っ切れた笑顔の晴人を見て、よかったと微笑む鮎川とつぐみ。

そんなつぐみに鮎川は「付き合った記念」と、ネックレスをプレゼントした。

幸せに浸るつぐみ。

一方、鮎川はたまに心ここにあらずといったような雰囲気になることがあった。

「なんでも話して 吐き出して」と元気がない鮎川に思いをぶつけるつぐみ。

鮎川は、自分が歩けるようになる夢を見ては、現実の動けない足があることを思い知らされていたことを告げる。

歩ければ一緒に見れたはずの景色を お前にしてやれることが あまりにも少なくて辛くなる

そう思いを吐き出す鮎川を思わず抱きしめたつぐみ。

彼の悲しみを肌で感じながら、知らなければいけないことがまだあると感じていた。

 

<第6話 知られざる想い>

2年ぶりに帰省することにした鮎川とつぐみ。

別れるときに、二人はつぐみの父親と遭遇。

その後つぐみは両親に鮎川と付き合っていること、鮎川が車椅子に乗っていることを話す。

それ、親に笑って言う話か?

そして母親も

その人 子どもつくれるの?」

つとめて明るく言おうとしていたつぐみに父親が言った言葉で、つぐみは「まだ話すべきじゃなかった」と後悔。

母親は父親の体が以前より元気じゃないことを打ち明けたこともあり、つぐみはそれ以上話すことができなかった。

急いで答えが出ることばかりじゃないの・・

その後鮎川の家族と初詣に行くつぐみ。

鮎川もつぐみの表情を見て察し「ちゃんとあいさつするから」と告げた。

安心するつぐみ。

その時肩をたたかれて振り向くと、そこには高校時代の同級生、是枝が笑顔で立っていた。

東京で会おうと別れた3人。

つぐみは乗り越えないといけない壁があることを実感していた。

帰宅すると、鮎川のヘルパー、長沢が部屋に入っていた。

自己紹介をする二人。

少し不安になるつぐみに長沢は告げる。

彼が一番苦しいときも もがいているときも 全部見てきた。心のことも身体のことも 付き合いたてのあなたなんかよりずっと理解してるから




<第7話 出会いが変える未来>

さらに長沢は続けた。

「障害を負った人と付き合うのは覚悟がいるの わかる?」

動揺したつぐみは洗剤を落としてしまい、駆け寄った鮎川は足の指をけがしてしまう。

てきぱきと処置をする長沢に、自分が何もできなかったことを痛感するつぐみ。

鮎川は、受傷して自暴自棄になっていた鮎川を外の世界へ引きずり出し、建築士という夢を叶えるきっかけをくれた恩人だとつぐみに話した。

長沢の気持ちはどうなんだろう、と心配するつぐみに、世話のかかるヤツと思っているだろうと笑う鮎川、

長沢さんに試されている・・・そう感じたつぐみは今以上に頑張ろうと思うのだった。

一方長沢も、離婚届を目の前にしながら、これまでのこと、鮎川への押し殺した気持ちがあふれ出そうだと苦しんでいた。

私はどうしたいんだろう 自分が止められなくなりそうで こわい・・・

後日是枝に食事に誘われるつぐみ。

頑張ろうと言うつぐみに、「大切なのは努力ではなく思いの強さだ」と告げる是枝。

是枝も押し殺していたつぐみへの想いを思い出していた。

まるでふさいでいた出口を開けたかのように。

<第8話 痛みを秘めて・・・>

鮎川と一緒に仕事をし、休みの日は鮎川のそばで身の回りの世話をするつぐみ。

「もっと彼の力にならなくちゃ」と気持ちは焦る一方だった。

子どものボールを拾おうと転倒した鮎川を心配し、夜も眠れないつぐみ。

そんなある日、鮎川のマンションで、つぐみの不安が爆発。

鮎川のこと 全部知りたいのに 何も知らない!鮎川に 何もしてあげられない!

そっと抱きしめ「俺は昔より ずっと幸せだよ」と笑顔でいう鮎川。

そんな時鮎川のパソコンがフリーズしてしまう。

 

つぐみはSEの是枝を呼び、パソコンを直してもらう。

お礼を言う鮎川に、「あいつがもし困ってたら 泣いていたら あいつのところに駆けつける」と告げる是枝。

見送りにきたつぐみは鮎川の事ばかり話す。

耐えきれず是枝はつぐみを抱きしめ「何でそんなにあいつのために必死なんだよ!」と思いを叫んでしまう。

その場をごまかし去る是枝を見つめるつぐみ。

二人の恋は、少しずつ歯車が狂い始めていたー

 

<第9話 差し出されたその手を・・・>

是枝に宣戦布告をされた鮎川は動揺を隠せないでいた。

その動揺がつぐみの心にも不安を押し寄せてしまう。

つぐみの両親は鮎川を紹介するよう連絡をしてくる。

焦るつぐみは電車の中で過呼吸に陥ってしまう。

職場の同僚からも「痩せたね・・」と心配されるつぐみ。

鮎川の是枝との関係を不安を払拭するよう、是枝の電話も切るようにしていた。

是枝はつぐみへのくすぶった思いへの後悔を思い知らされていた。

そんな時長沢に会い、「もう独り身だから」という言葉に激しく動揺するつぐみ。

現実は自分の予想以上になるのに、動揺して前に進めない・・・

疲れがたまり、ついにつぐみは電車のホームから落ちてしまう。

「川奈ーーーーー!!!!!」

鮎川の差し出した手はつぐみには届かなかった。

間一髪で電車との接触は免れたが、頭から出血し意識がないつぐみ。

駅員から「他にも誰か付き添える人に連絡を取ってください!」と言われ、是枝に連絡する鮎川。

つぐみは足を骨折し、全治2か月の診断。

鮎川は後悔していた。

目の前にいたのに 簡単に助けられたはずなのに 俺は・・・ 俺は・・・

つぐみも夢の中で泣いていた。

鮎川が出した手が届いていたら 私は彼を巻き添えにしていたのかもしれないー




切ないですねー!

一人で頑張るつぐみと、それがわかっていながらも彼女が大変な時に「車椅子だから」と何もできない鮎川の想い、

そして、つぐみと鮎川それぞれに恋のライバルが登場ですね。

長沢は思いの深さもさることながら、看護師と患者という、つぐみがどうしても入っていけないポジションにいる女性ですね。

離婚もしてライバルのポジションに入ってきた彼女が、これからどう二人の恋路に入ってくるのかが注目ですね!

そして満を持して是枝君の登場ですね!

是枝君は「優しくて頼りがいがあって、想ってくれている」最高の相手ですよね。

もしつぐみが鮎川と出会う前に是枝君と出会っていたら、この恋は何か変わっていたかもしれませんね。

登場人物がそろって、車椅子の人と付き合うことの難しさを痛感したつぐみ。

車椅子がゆえにピンチな時も何もできないことを痛感した鮎川。

二人は今後どうなってしまうのか?

3巻が楽しみですね!

→3巻のあらすじネタバレはこちら

本編を読んでみたい!世界観に浸りたい!という方はこちらから読めますよ!

↓約50万冊の本を配信中!試し読みもできる「ebookjapan」↓

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!





ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。