☆TV・本・音楽 PR

花野井くんがヤンデレな理由は両親にあった?怖いくらい愛が重い原因も

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

4月からアニメも始まる「花野井くんと恋の病」

花野井くんの愛がスゴイですよね!

「ヤンデレ」と言われるほど愛が重いのは、実は両親が原因だったんです。

今日はそれについて紹介していきます。

なお「花野井くんと恋の病」は原作がコミックになります。

ぜひアニメといっしょに読んでほしいって思いますが、電子書籍はクーポンも利用できておお得に読むことができるのでおすすめですよ!

↓試し読みもできるebookjapanで読む!↓

試し読みはこちら

  • 初回ログインで6冊まで70%オフクーポンがもらえる!
  • 常時2,800冊以上の無料のマンガが楽しめる!
  • 試し読みがたくさん!読んでから買う事ができる!

花野井くんがヤンデレな理由は両親にあった?

ヤンデレなくらい花野井くんの愛が止まらない「花野井くんと恋の病」

彼がほたるを思い、「友達はいらない」「ほたるちゃんだけでいい」と、ほたるが驚くほど、愛を一途に向けてくる花野井くん。

ヤンデレと言われるほど

読者からは「ヤンデレ過ぎる」と賛否両論あるんです。

なぜここまで愛が重くなってしまったのでしょうか。

それには実は両親が関わっているんです。

両親との思いのズレ

花野井くんの両親は、海外ボランティアで常に海外を飛び回り、家に帰ってくるときも突然なほど。

花野井くんのおばあちゃんが、あまりにも子どもをほったらかしする両親に怒ったシーンもしばしばあります。

花野井くんは、海外に行ってなかなか帰ってこなかった両親に「愛されたい」と思い、勉強や運動などを必死に頑張ります。

「海外に連れて行ってくれるかもしれない。一緒にいられるかもしれない」と、英語まで習っているほど、親の愛情を求めていました。

しかし、彼ができればできるほど、両親は離れていく。

「わたしたちがいなくても大丈夫ね」と。

そんな両親に対して、愛情を求めてもダメだ、と花野井くんは親からの愛情をもらうことを諦めてしまいます。

ほたると付き合ってからは、両親とは普通の関係を続けていますが、以前は色々な葛藤などがあったんですね。

愛情を求めて

花野井くんは、両親から愛されなかったことにコンプレックスを抱き「自分を必要とする人」「自分を愛してくれる人」を求めます。

だからこそ「付き合って」と告白された人には全愛情を注ぎ、自分を一番にしてもらいたいと願っていました。

しかし誰もが彼の愛情を重く感じ、去っていったんです。

「運命の人」なら、自分を愛してくれる、自分も愛することができる、と信じ、付き合った人の要望を全て叶えるなど努力してきたなんて泣けますね!

ほたると付き合うことで、その愛情の入るコップが、本人の思いよりも多く満たされていく事が、彼の成長にもつながっていくんですね。

花野井くんの成長が少しずつ、でも着実に進んでて、読んでいてキュンキュンしちゃいますよ!

花野井くんが怖いくらい愛が重い原因

花野井くんは、周りから「愛が重い!」と言われてしまうほど、つきあう人に愛情を注ぎます。

しかし、ほたるにはさらに特別なんですよね。

なぜ愛が重いのかについてもここでは解説していきます。

一人しか愛せない

花野井くんは自分のことを「不器用」と話しています。

一人の「運命の人を大切にする」ことが自分には一番大事で、それ以外のことに時間も力も思いも割けないから、友達はいらない、とハッキリ言うほどブレません。

そのため、クラスメイトも「友達ではない」ため、一人でいることが多くありました。

愛情を全力で一人に注ぐからこそ、愛が重いと感じられてしまうかもですね。

見捨てられたくない

花野井くんは、両親も海外赴任で家におらず、おばあちゃんやおばさんに育てられてきました。

現在は一人暮らしですが、自分にはどうして両親がそばにいないんだろう、と何度も思ったことでしょうね。

さらには唯一できた友人、銀司もある日突然マンションを引き払ってしまい、花野井くんの前から忽然と姿を消してしまいます。

花野井くんは、信頼していた友人に「見捨てられた」と思い、一人になりたくない、見捨てられたくないという思いが強くあるのかもしれませんね。

だからこそ、ほたるを独占したいと思うのかもしれません。

ほたるへの思い

花野井くんは高校以前に、ほたると会ったことがあります。

実はその時からほたるに片思いをしていた花野井くん。

しかし彼女が苦しんでる時に助けられなかったことを責め「こんな自分は恋はしちゃいけない」と自分を戒めてきました。

しかしある時、雪の日に傘をさしてくれたほたるを見て、もう一度頑張ってみようと告白を決意。

クラスメイトが見ている前で告白をします。

彼にとっては初めての告白。

でも、それができるほど、ほたるを思っていたということなのでしょうね。

彼の愛はずっとずっと前から続いていたと思うと、さらにキュンってしちゃいますよね。

私も毎回続きが読みたくて単行本を買っていましたが、電子書籍ならどこでも見られるし、その上クーポンで安く買えるってことを知りました!

私は試し読みも多いebookjapanがおすすめです!

アニメもおすすめですが、まずは原作を読んで一緒にキュンキュンすることをおすすめしますよ!

↓試し読みもできるebookjapanで読む!↓

試し読みはこちら

  • 初回ログインで6冊まで70%オフクーポンがもらえる!
  • 常時2,800冊以上の無料のマンガが楽しめる!
  • 試し読みがたくさん!読んでから買う事ができる!

アニメ「花野井くんと恋の病」口コミ・おススメ

今回のアニメでの口コミやおススメポイントについても紹介します!

「花野井くんと恋の病」はここがおススメ!

月刊デザートで連載されている「花野井くんと恋の病」

花野井くんがかっこいい!と巷でも噂の少女漫画で、恋を知らない女の子と愛が重すぎる男の子との恋物語なんですが、とにかく花野井くんが超イケメンなんです!

恋が重い男子と、恋を知らない女子の恋愛

花野井くんは一途すぎて重いと振られてしまった経験がある、愛が重い男子。

一方でヒロインほたるは、恋を知らない女子高生。

正反対の二人が徐々に「恋」をしっていく様子がとにかくきゅんきゅんするんです!

花野井くんがかっこよすぎる

ほたるに恋をした花野井くん。

その愛が重すぎる花野井くんのイケメンっぷりについ黄色い声をあげてしまいます。

ほたるの成長にキュンとする

もう一つ大きなおすすめポイントは、そして一生恋なんてしないだろうと思っていたほたるが、そんな花野井くんを通して様々な感情を知っていく様子もこの漫画の魅力の一つです。

花野井くんとほたるの距離が少しずつ近づくたびにきゅんきゅんしてしまいます。

きゅんきゅんした恋物語が読みたいと言う人にはおススメの作品です。

「花野井くんと恋の病」の感想・評判

ここでは花野井くんと恋の病について他の人たちの感想を見てみましょう。

花野井くんの成長もみどころのひとつです!


実写化を望む声もあるほど人気が高いんです!


今一番読んでほしい少女漫画がアニメ化になるのは嬉しいですね!

アニメ化になって、どんなふうに二人の恋は動いていくのか、しっかりとチェックしていきましょう!

「花野井くんと恋の病」について

ここでは花野井くんと恋の病の簡単なあらすじや登場人物についてみていきましょう。

あらすじ

日生ほたるは、恋を知らない高校1年生。

ある日隣のクラスのイケメン花野井颯生がフラれているシーンを見てしまいます。

そのショックからか、雪の中立ち尽くす花野井に思わず傘を渡しました。

翌日花野井は突然ほたるのクラスへとやってきて、公開告白をされてしまうのです。

恋愛というものがわからないほたるはその告白を断ります。

しかし、諦めずに熱意を伝え続ける花野井に負けたほたるは期間限定で恋人同士となるのです。

もしかしたら、自分も人を好きになるという思いがわかるかもしれない、と淡い期待を抱きながら・・・

キャスト

  • 日生ほたる:花澤香菜
  • 花野井くん:小林千晃
  • 浅海響:久保ユリカ
  • 柴村月葉:坂本真綾
  • 八尾創平:木村良平
  • 倉田圭悟:逢坂良太
  • 里村紗都美:鈴代紗弓
  • 黒江之紘:興津和幸

番組について

  • 【原作】森野萌(「KCデザート」講談社刊)
  • 【監督】牧野友映
  • 【シリーズ構成・脚本】雨宮ひとみ
  • 【OP】Sexy Zone「君のせい」
  • 【ED】ミイナ・オカベ「エヴリー・セカンド」
  • 【公式サイト】https://hananoikun-pr.com

まとめ

今日は「花野井くんと恋の病 」について書いてみました。

アニメを1話から見ると、さらに作品の良さに浸れるのでお勧めです!

https://maroup.net/archives/34822

ぜひ見逃し配信や電子書籍などを利用して、世界観をしっかりと味わいましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。