イベント

おせちは何歳から食べてもいいの?食べる時の注意点や子ども用も紹介!

こんにちは!

そろそろお正月の時期。

おせち料理が楽しみな時期になりましたね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

過去pic お正月🎍🐗 2019年 1月1日 #ワンプレートおせち #手作りおせち #おせち料理 #おせちプレート #手毬寿司 #紅白なます #煮物 #だてまき

maho(@my_home_cookingram)がシェアした投稿 –

そうなると気になるのが、子どもにおせち料理を食べさせてもいいのか?ということ。

実家に帰省したり親戚の家に行った時、「子どもも食べなよ~」と言われた時、どれを食べさせよう・・・と私は困ったことがあります。

おせち料理はなんとなく大人向けの食材が多いので、食べさせてもいいのか迷ってしまいますよね。

そこでおせちは何歳から食べてもいいのか、食べる時の注意点や子ども用のおせちについても調べてみました!







おせちは何歳から食べてもいいか調査!

ではまずおせち料理は何歳から食べてもいいのかを解説していきますね!

一般的には3歳ごろから

おせち料理と一言で言ってもいろんな食材がありますが、一般的におせち料理は「3歳ごろから」食べてもいいと言われています。

3歳になると、咀嚼機能が発達したり、自分でよく噛んで飲み込むこともできますし、消化機能なども発達しているので、そういった意味でも3歳から上げているという保護者は多くいましたね。

逆に1歳や2歳でおせちを食べるという家庭は少なかったですね。

2歳までおせちを食べない理由

一般的に3歳まではおせちを食べない、という事が多いようですが、それはなぜでしょうか。

・味付けが保存食のため他の食材よりも濃いこと

・普段の食卓で出ない食材が出ること

・生の食材も出ること

といった理由から、3歳未満の子どもには色々と心配な面もあるのです。

・味付けが濃いので塩分摂取量が多くなる

・消化機能や免疫機能が未成熟なので、生の食材でおなかを壊すことがある

・固い食材もあるので、噛む機能が未熟だと喉に詰まらせる心配がある

こういった理由から「3歳までは食べさせない」と決めている家庭が多くいました。

ただ、3歳になったら絶対OK!というわけではありません。

あくまで一般的にはということなので、心配なら3歳以降にあえてあげる形でもかまいません。

咀嚼がまだ心配だったり、体調の加減であげないという選択肢も一つの方法ですよ!




食べる時の注意点についても

では、子どもがおせち料理を食べる時の注意点はあるのでしょうか。

実は色々とあります。

あくまでも「おせち料理」は「大人向け」に作られていることを意識していくことが大切ですので、それについて今から書いていこうと思います。

味付けは必ず薄めで

おせち料理は大人向けなので、味が濃い目に作られています。

自宅で作る場合は味を薄めにしてみたり、市販のものでしたら少量にしておく、代わりのものを用意しておくなどしてみてくださいね。

味が濃くついているものに関しては湯がいて味を薄めたり、ご飯に少量混ぜて薄くするなどして、子どもが食べすぎないように注意しましょう。

アレルギーに注意しよう

おせち料理にはエビや数の子、いくらなどアレルギーが出てしまう可能性があるものが含まれています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

【婦人画報のおせち2020🎍】一人前和一段 . そろそろ年末年始の準備を…という方も多いのではないでしょうか?今年おすすめしたいのが、22.6cm四方のお重に28品目がギュギュっと詰まった1人前のおせち。海老や数の子・黒豆といった定番の品だけでなく、ローストビーフやメープルくるみなども入ったグルメなおせちです。 . 1~2人前のミニマムなおせちは、夫婦でシェアしたり、実家の両親に贈る、お客様に一台ずつお出しするなど実は使い勝手が良いんです✨今週に入って完売するおせちも出てきていますので、まだの方はお早めに💁🏻‍♀️ . 画像をタップすると商品詳細をご覧いただけます。 . #婦人画報 #婦人画報のお取り寄せ #fujingahoshop #お取り寄せ #おせち #おせち料理 #正月 #婦人画報のおせち

婦人画報のお取り寄せ(@fujingahoshop)がシェアした投稿 –

食べるおせちの原材料などを事前にアレルギーのチェックをしておくか、食べさせないほうがいいでしょう。

年末年始は病院もやっていませんので、初めて食べさせる食材は正月は避け、来年に向けて平日にならす方がよいでしょう。

親戚の人などが欲しがる子どもに知らないうちにあげていることもありますので、先に取り分けてしまい「他のが食べたければママに聞いてね!」と念を押す形をとることをお勧めします。

喉に詰まらないように見ていよう

お餅や筑前煮のこんにゃくは喉につまる危険性が高いです。

もし食べさせるのであれば、必ず小さく切ってからにしましょう。

お餅はとろとろに煮るなどするのも詰まらせないためにはいいですね。

そしてよく噛むように子どもには伝え、必ず大人がそばにいてしっかり見ているようにしましょう。

食材によって食べさせ方を工夫する

ちなみに私の子供も3歳ごろからおせち料理を食べ始めました。

おせちはたくさんお食材がありますが、工夫次第で食べることができます

お雑煮は餅なしか他で代用しよう

お餅は噛み切ることが難しい赤ちゃんには厳禁です。

喉につまらせる原因になりますので、様子を見て食べさせるようにしましょう。

お餅ではなくても代わりの物を使えば、お雑煮をおいしく食べることも出来ますので、お餅に固執することなく、子どもの様子を見て食材を工夫してみましょう。

お餅以外は味を薄めれば赤ちゃんでも食べられますね。

黒豆は甘すぎるので避けるようにしよう

子どもに人気がある黒豆。

大人もこの甘くておいしい味が好きな人が多いですよね!

しかし子供にとっては甘すぎるので、なるべくあげないほうがいいでしょう。

3歳以上でも少量にしておいたほうがいいかもしれませんね。

もしくは潰したり半量をあげたりして、あまり大量にあげないように気を付けましょう。

伊達巻は手作りで十分おいしい

子どもに人気の伊達巻は、甘くて食べやすいので、気づくと子どもがパクパク食べることが多いですが、これも実は砂糖を多く使っており、甘すぎる味付けです。

もし手間でなければ、子ども用に普通の卵焼きを作ってあげるといいでしょう。

その方が砂糖の量も少なくて安心ですよ!

栗きんとんは少量で

栗きんとんもおいしいですが甘いですよね。

特に市販のものは大量に砂糖が入っていることが多いです。

そのため、年齢に合わせて小さく切って少量あげるようにしましょう。

筑前煮は切り分けよう

筑前煮も市販の物は味付けが濃いので、なるべく自宅で薄味に作ったものをあげるといいでしょう。

もしくは上げるのであればお湯で薄めるなどして味を薄くするか、もしくはご飯にまぶす、小さく切ってあげるなどして一気に多くあげすぎないようにしましょう。




子ども用のおせちも紹介!

実はお子様にも安心の「子ども用のおせち」が売られているんです!

子どもが大好きなキャラクターとコラボしていますので、苦手な食材も食べられますし、最初からこういったおせちにしてしまうのも安心ですよね。

子どもと一緒に食べたい方は参考にしてみてくださいね。

ポケモンおせち

子どもが大好き、ポケモンのおせちです。

入れ物もかわいいですし、中身も子供が好きなものが揃っています。

購入ボタンはこちら

ポケモンだいすきな子供にはピッタリですね!

ディズニーのおせち

ミッキーやミニーのかまぼこもあって、見た目もかわいいおせちです!

【おせち 早割 冷蔵】紀文 生詰め二段重 ディズニー 送料無料【キャラクター 子供 子ども おせち料理 3人前 4人前 2020 お節 御節 冷蔵おせち ミッキーマウス Disney】

オリジナルデザインのお重は食べた後も使えますので、こういった商品はうれしいですね!

食物アレルギー配慮おせち「のぞみ」

こちらは食物アレルギーの子どもも安心して食べられる食材を使って作られています。

特定原材料7品目を使用していないおせちなので、食物アレルギーが心配な子ども、食物アレルギーの子どもも安心して食べることができますね!

石井食品のHPはこちら

おわりに

おせち料理、いつから子供と楽しめるのだろうと思うところですが、だいたい3歳を目安に食べさせ始めてみてくださいね。

ですがすべての食材がOKなわけではなく、子ども用にしてあげたり少量にしたりと、子どもに合わせながらみんなでおせち料理を楽しんでくださいね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。