子育て

友達の子どもにお年玉はあげるべき?年齢別の金額やいつからいつまで渡すかも紹介!

こんにちは!

そろそろお年玉の時期ですね!

お店にはマチ袋などお正月商品が並びだしましたね。

そうなると気になるのが、友達の子供にお年玉はあげるべきなのか?という問題です。

もしあげるならいくらくらいあげるべきなのか、年齢によっても金額は変わってくるよなぁと思うところですよね。

そこで友達の子供にお年玉はあげるべきなのか、年齢別の金額やいつまであげればいいのかについても、詳しく調べてみました!




友達の子どもにお年玉はあげるべき?

友達の子供にお年玉をあげるべきかどうかについては、賛否両論あります。

正解はありませんので、どちらの意見の理由についてまずは見ていきましょう。

あげるべきという意見

お友達の子どもにもお年玉はあげるべきという意見に関して、あげた方がいいという意見が多いですが、それはなぜなのでしょうか。

自分だけお年玉を用意していない場合が大変

お正月、友人同士で集まるとき、自分だけお年玉を用意していないとなると大変ですよね!

その場で「しまった・・・!」とならないよう、あらかじめお年玉を用意してあげたほうがいいこともあります。

また、自分ではなく友人の誰かが同じように用意していないと友人関係にも亀裂が入る可能性もあります。

それを避けるために、集まるメンバーであらかじめ話し合っておくのがいいですね!

子どもの期待を裏切ってしまう

子供も大きくなってくると、大人はお年玉をくれるものだと思って催促してきたり、期待している場合があります。

また、小さいころからお年玉をあげている場合は「今年も楽しみだ・・!」と期待している場合がありますね。

そんな時お年玉がないと、新年早々ガッカリさせてしまうことになります。

「毎年くれたのに何で突然くれなくなったんだろう・・」と子どもが余計な心配や詮索をすることにもなりかねませんので、せっかくの新年ですし、用意しておいた方がいいという意見もあります。

・あげなくてもいいという意見も

やはりお年玉は、友達の子どもにはあげなくてもいいという意見も大半ありました。

その理由をご紹介していきますね!

友達同士でお金のやりとりはしないほうがいい

私はこの意見に非常に賛成で、友達の子供にはお年玉をあげる必要はないと思っています。

あげたとしたら相手も気を使いますし、金額もどんどん増えていくことになります。

さらに一度あげてしまうと辞め時も難しくなりますよね。

お年玉は身内でやり取りをするものと一般的には言われていますので、友達同士にお金のやり取りは避けたほうがいいでしょう。

家族ぐるみの付き合いであったり親友の子どもなど、友人との関係にもよりけりですが、お金はトラブルの原因にもなりかねませんので、気を付ける必要があります。

お金以外のものをあげる

お金は相手を喜ばせるものですが、トラブルの元にもなります。

あげるのもやはり気を使うものですよね。

また、金額が少ないとこれまた文句も言われかねない、非常にデリケートなものでもあります。

そのため、お金ではなくおもちゃやお菓子をお年玉代わりとしてあげるということです。

子どもの年齢にもよりますが、ちょっとしたおもちゃやお菓子なら気も使わせず、子供も喜んでくれます。

もし正月に何かどうしてもあげたい場合は、お金以外のものを用意しておくといいでしょう。

お年玉をあげるなら金額はいくらかも紹介!

しかしやっぱり「お年玉をあげる」という方も多いはず。

でも、実際いくら包んで渡せばいいかわかりませんよね。

そこでもしあげるなら金額はいくらくらいが相場なのでしょうか。

赤ちゃんの場合・500円

赤ちゃんの場合は1000円も包む必要はありません。

お金というよりはおもちゃやお菓子の方がいいと思われます。

どうしても「お年玉」という形にこだわるのであれば、500円ほどで十分でしょう。

幼児の場合・1000円

幼児の場合も赤ちゃんと同じで、そこまで高くする必要はありません。

どちらかというと、お金よりも500円の図書カードなど、実用的なものに使ってもらえるものがいいでしょう。

小学生の場合・1000~3000円

小学生の場合は色々と入り用なので、ある程度包んでおくと喜ばれます。

中学生以降・3000~5000円

このくらいが相場だと言えます。
最初は安くていいですが、ずっと続けるとなるとかなり高額ですよね・・・。

この金額を見て、あげ続けるかどうかを考えてみてください。

いつからいつまであげればいいの?

友人の子どもに渡すお年玉。

実際いつからいつまであげればいいのでしょうか。

・赤ちゃんから高校生まで

最初に会ったときが赤ちゃんでお年玉を渡したのならば、高校生まであげるという意見がありました。

恐らく自分の子供でも高校生までお年玉をあげる、という方が多いのではないでしょうか。

しかし高校生までとなるとかなり経済的負担がかかりますので、覚悟が必要ですね。

中学生辺りから金額を一律にすること、また図書カードなどにして金額を一定にさせるなど、さりげない気配りが求められますね。

・お年玉をあげるのは小学生まで生まで

お年玉のあげ始めは赤ちゃんの頃だったとしても、小学校を卒業したらもうあげないというパターンもあります。

中学生から金額もアップしますが、中学生くらいになると普段の付き合いはあまりなく、会っても年始くらいという関係になることが多いです。

中学生となれば親との交流よりも友人関係を優先しますので、お正月に友人と会っても子供は同席しないことが多くあります。

わざわざお年玉だけあげるというのもおかしな話なので、小学校が終わればもうお年玉も終わりにするのも一つの方法です。

お年玉の渡し方についても紹介!

お友達の子どもにどうやってお年玉を渡せばいいのかも知りたいですよね。

どんな風に渡せばいいのかをご紹介していきますね。

親に渡す

親というのは、いわゆる友達です。

大きくなってくるとお年玉をもらっても親に言わなかったりするので、あげたことを伝える意味でも親に渡して、そこから子供に渡してもらうのが安心ですね。

一応子どもと話ができるようであれば、「ママにお年玉預けてあるからね。ママのお話を聞いて好きなものを買ってね」と話をしておくと子どもが喜ぶ姿を見ることができますよ。

こっそりと渡す

他のお友達も集まっていた場合、みんながお年玉を用意しているとは限らないですよね。

堂々と渡したら「私用意してないよ!」と他の友人からバッシングを受けることも考えられます。

場を気まずい空気にしないためにも、みんなに見えないところでこっそりと渡すのもポイントです。

後々トラブルにならないよう、あらかじめ友人同士で話を合わせておくのも重要です。

ゲーム感覚で

もしみんながお年玉を用意し、毎年恒例の行事のようになっている場合は、ビンゴやじゃんけんなどゲーム感覚で渡すのもおもしろいかもしれません。

毎年のことだと、飽きないようにするのも大切ですよね。

そこに楽しいサプライズがあるともっと盛り上がります。

ただ、ちゃんと「ありがとう」のやり取りをしてもらうようにしましょう。

子どもの礼儀を育てる意味でも、「お年玉をもらえることが当たり前ではなく、感謝するもの」という事を伝えていくようにしましょう。

おわりに

今日は友達の子供にお年玉はあげるべきかどうかについて解説してみました。

そもそもお年玉は目上の人にはあげないものですので、上司のお子さんにはお年玉をあげるのはNGなんです。

そういった慣習もあったりするので、なるべく友達同士ではお金に絡むやり取りはしないほうがいいのかなと思います。

もしあげる場合は、相手の立場や渡し方などに気を配ってみてくださいね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。