ためになる知識

鍵が曲がって家に入れない時の対処法!開ける方法や自分で直して大丈夫かも

毎日外出する時や帰ってくる時に、毎回使うのが「家の鍵」

ある日なかなか鍵穴に入らないなあ・・と思ったら、鍵が曲がっていた!

なんてことがあると大変になります。

一体どうすればいいの・・・?

とパニックになる前に、落ち着いてこちらを読んでください。

きょうこちらの記事では

家の鍵が曲がって家に入れない時の対処法

家の鍵が曲がって入れない時の開ける方法

自分で直してもいいのかどうか

そのまま使ってて大丈夫かどうか

書いてあります。

お勧めの方法についても紹介していますので、最後まで読み進めてくださいね!




=======================

鍵が曲がって家に入れない時の対処法

家の鍵が曲がってしまい、家に入れなくなってしまった。

こんな時はどうしたらいいのでしょうか?

入れるところがないか探してみる

まず、家の周りを回って、どこか入れる場所はないか探してみましょう。

  • ベランダが空いていないかどうか
  • 窓の鍵は開いていないかどうか

普段ならセキュリティ的に空いているのは問題ですが、それでもどこかから家の中に入れないかどうかを探しましょう。

マンションの場合は大家さんに相談して合鍵を使って開けてもらうようにしてもらいましょう。

家族に連絡して開けてもらう

これは家族と一緒に住んでいる場合に使える方法です。

家族に連絡して事情を説明し、一度家に帰ってきてもらいましょう。

ひとまず家に入ることができたら後はなんとか策を練れば大丈夫です。

友達の所など知り合いにお世話になる

これは、家族が今どうしても帰ることができない、また一人暮らしですぐに対応してもらえない、という場合に使いましょう。

知り合いの所や友人に連絡し、家族が帰るまでなど、時間を決めてお世話になりましょう。

これは知り合いが快く引き受けてくれる場合のみ使えます。

鍵の専門業者に依頼する

これが一番最短で解決できる方法ですね。

家の鍵が曲がってしまった場合、鍵を新しく交換する必要があります。

ただ、家の中にスペアキーが有ったりする場合は、ひとまず家の中に入らなければその鍵を取ることができません。

まずは鍵の専門業者に依頼して、家の鍵を開けてもらうようにしましょう。

そしてスペアキーがあるかどうかを確認すれば大丈夫です。

万が一スペアキーがない!という場合は、その場で業者さんに作ってもらえば解決です。

高い出費にはなりますが、寒い日や暑い日に外でずっと家族の帰りを待つよりも安全で安心です。

緊急時に即対応してくれ、出張費も無料で対応してくれる会社もありますので、一度相談して見るとよいですね!

玄関の鍵開けや鍵修理や鍵交換する店

家の鍵が曲がって入れない時の開ける方法

家の鍵が曲がってしまい、家の中に入ることができない。

そうなった場合、何とかして開ける方法を見つけたいですよね。

自力で開ける方法はないの・・・?

という人も多いので調べてみました。

自分で開ける方法

家の玄関は鍵が付いていることで、防犯対策もしっかりできますし、住んでいる方も安心して家から出かけることができます。

そのため、鍵はかなり精巧に作られており、また頑丈にも出来ています。

自分で曲がったカギを使って開ける方法は、残念ながらありません。

鍵穴に入れてはダメ

ちょっと曲がったくらいなら、鍵穴に入れてそうっと回せば開けることができるんじゃない?
力づくでやれば開くんじゃないかな?

とか思うかもしれませんが、鍵穴に曲がったカギを入れるのは絶対にNGです!

なぜなら、鍵が中で折れてしまうことがあるからです。

鍵穴と鍵は精巧に作られていますので、無理やり力を加えるとさらに大変なことになります。

必ず業者の方に依頼するようにしましょう。




家の鍵が曲がったのは自分で修理できる?

家の鍵が曲がってしまったけど、実は曲がったのがちょっとだけ、という場合や、ハンマーとかで叩けば直せそうな位の曲がり方の場合もありますよね。

自分で直せそうだからなおしたら大丈夫じゃない?

と思ってしまいがちですよね。

実際直している人もいます。

ちょっとくらいなら・・・と思いますが、実際は本当に自分で直しても大丈夫なのでしょうか?

自分で修理するのはNG

ちょっとした曲がり方や、自分で修理できる!と思う人も多いかと思いますが、自分で修理するのは絶対やめましょう!

なぜなら、私たちは素人。

鍵職人のようにプロではないので、力づくでやってしまったり、「とりあえずもとに戻せばいい」と感覚でやってしまいがち。

でも実は自分で修理すると、一見ちゃんと直ったかのように見えても、見えないところで亀裂が入っていたり、変形してしまっていることもあります。

また鍵はち密な構造なので、ちょっとした曲がり方でも鍵が入らず、中で折れてしまってさらに大変なことになることも。

結局普通に業者さんなどに出した方が安くついた、という事も良くある話です。

必ず自分では修理しないようにしていきましょう!

そのまま使うのもNG

家のカギが曲がってしまった。

その原因は、

  • 洗濯機で間違って一緒に洗ってしまった
  • お尻で踏んづけてしまった
  • 荷物の重みで曲がってしまった

といったもので「まさか曲がるとは思っていなかった!」と言うほど突発的におこるもの。

ちょっと位曲がっただけだから、そのまま使っても平気でしょ

と思って使い続けるのは危険です!

ちょっと曲がったからと言って使い続けると、最悪鍵が折れてしまい、さらに大変なことになってしまいます。

鍵穴の中で折れてしまい、自分の力ではどうしようもできなくなった!という事もあるくらいです。

そうなった場合、鍵の修理や交換に、かなり費用も時間もかかってしまいますので、必ず曲がったままの鍵は使わないようにしましょう。

鍵の専門業者に依頼するのが一番

鍵が曲がってしまって家に入れない時、やはり鍵の専門業者さんに依頼するのが一番です。

なぜならば、素人の私たちがやるよりも、はるかに早く解決してもらえるからです。

専門業者はプロなので、「何をどうすれば解決するのか」が短時間でわかり、最短でその問題を解決するために動いてくれます。

家族に頼る人がいなかったり、一刻も早く解決してほしい、という場合、鍵の専門業者はしっかりと対応してくれます。

無理して鍵穴に入れたり回そうとするのではなく、業者に依頼をするようにしましょう。

お勧めの業者は

鍵が曲がってしまって家に入れない時って、案外深夜の仕事帰りだったりしますよね。

そういった場合、鍵の業者が営業時間外で、どこも対応してくれない、と焦ったことはありませんか?

こういった場合、大事なのは即対応してくれるかどうか、ということと、最低限必要な出費だけで抑えたい、ということですよね。

私がおススメする「鍵屋レオンテ」では、年中無休で朝8時~夜23時まで依頼や相談の電話を受け付けているので、年末年始や朝早く、夜遅くでも相談に乗って対応してくれます。

スタッフさんも厳しい研修を受けたプロであり、経験も豊富でどんなトラブルにも対応してくれます。

クレジットカード決済にも対応してくれるので、支払いも楽で助かります。

出張費や電話の通話料は無料なので、何かあった時に気軽に相談できるのもありがたいですね!

サービス地域が全国で対応できているのも、信頼の証です。

他の業者にお願いするよりも安心して対応してもらえますね!

鍵屋レオンテの対応地域を見てみる

おわりに

今日は鍵が曲がってしまって家に入れない場合の対処法をお伝えしました!

疲れて帰ってきたら鍵が曲がっていて入れない・・・

という場合にはすぐに対応してくれる業者さんにお願いして、さっと解決してもらうと安心ですね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!






ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。