音楽

どんぐりずの高校や中学はどこ?メンバーwikiプロフィールや本名・実家の場所も

どんぐりずというアーティスト、最近よく耳にするようになりましたね。

どんぐりずは、2021年1月9日に放送された「バズリズム02」の「今年バズるぞ!アーティスト」に入った2人組の音楽ユニットです。

どんぐりずは、ネット動画の配信をきっかけに口コミが広がり、話題になっている音楽ユニットです。

今回は、そんな今注目されているどんぐりずの出身経歴などのプロフィール、学歴、おすすめの曲をご紹介します。







=======================

どんぐりずの高校や中学はどこ?

どんぐりずのお二人の高校や中学、気になる所です。

今回はどんぐりずの高校や中学など出身校を調べてみました。

高校について

どんぐりずの出身高校を調べてみました。

しかしお二人は、出身高校を公開していません。

ただ、どんぐりずのメンバーの一人「変態毒キノコ チョモランマ」さんの本名「安藏起一」という名前を調べてみると、群馬県にある「群馬工業高校専門学校」の卒業名簿に載っていることがわかりました。

安藏起一という名前は、珍しい名前だと思います。

もともと「安藏」という苗字が、全国に40人程度しかいない苗字なんだとか。

また、出身が「群馬県」ということもあるので、この群馬工業高校専門学校に通っていた可能性が高いです。

群馬工業高校専門学校は、偏差値67を超える難関高校です。

頭が良い学生さんだったんですね。

こちらはさらに情報が入り次第追記させていただきますね!

出身中学について

続いて、どんぐりずの出身中学校についても調べてみました。

2人は、中学時代お互いのを40秒ほどで行き来できる距離に住んでいたようで、中学校の同級生です。

完全なる「ご近所」さんだったんですね。

出身中学校については、こちらも公表していません。

ただ、住んでいた場所は公開しています。

以前の住所は「群馬県桐生市梅田町4丁目」に住んでいたと公表していますので、その近辺の中学校を検索してみると、梅田中学校が当てはまります。

桐生市梅田中学校は「群馬県桐生市梅田町二丁目」

学区内になりますね。

桐生市立梅田中学校は、公立の中学校です。

在籍児童数も100人未満と少ないので、のびのびアットホームに育っていたのでしょうね。




どんぐりずのwiki風プロフィールや経歴を紹介!

それではここで、どんぐりずのプロフィールや経歴を紹介していきますね!

早口坊主

名前:早口坊主 森

本名:もりゆたか(漢字不明)

生年月日:1998年4月22日

出身地:群馬県桐生市梅田町4丁目

血液型:非公開

身長:非公開

所属事務所:クリエイティブマンプロダクション

早口坊主 森という芸名もかなりインパクトがありますが、過去の芸名は、パンパースというそうです。

オムツなのか、何が由来かも知りたい所ですね。

自分の性格を一言で表すと、おてんばだと語っており、強めなツッコミで笑いを誘っています。

年代やジャンルによって、ラップを使い分けることができる素晴らしい才能があるほか、作詞や絵も描いており、多才なことで知られています。

森さんは、ミュージシャンではなかったら、大工さんになりたかったそうです。

絵を描くのが上手く、手先が器用なので、大工になっていたとしても活躍できそうですね。

変態毒キノコ チョモランマ

名前:変態毒キノコ チョモランマ

本名:安藏起一(あんぞうきいち)

生年月日:1998年3月22日

出身地:群馬県桐生市梅田町4丁目

血液型:非公開

身長:非公開

所属事務所:クリエイティブマンプロダクション

安藏起一さんの過去の芸名は、「チョモランマ銀行」というそうです。

2人とも、過去、現在ともにインパクトのある芸名ですね。

自分の性格を一言で表すと、自分勝手だと話しています。

ミュージシャンになっていなかったら、陶芸家になりたかったそうです。

作詞・作曲を担当しており、お母さんはピアノの先生をしているそうで、ピアノはもちろん、たくさんの楽器を演奏できるそうです。

どんぐりずの経歴

森さんとチョモランマさんは、中学時代にどんぐりずを結成しています。

2人は、もともと仲が良かったようで、よく遊んでいたようです。

ある時、チョモランマさんの父親のギターを使って、森さんに大使曲を披露したことがきっかけで、弾き語りユニットどんぐりずが結成しました。

その後、ベース担当の荻原知也さん(現 Absolute area)、ドラム担当のチカさん(現 our)の4人で、バンドを結成しますが、わずか1年程で解散してしまいます。

バンド解散後は、1つの楽器にこだわらず、思いついてことをそのままラップにするというヒップホップユニットにシフトチェンジ。

クオリティーの高いラップ、中毒性のあるトラックなどさまざまな魅力から、瞬く間に人気アーティストの一員になりました。

一回聞くとついつい聞くようになり、いつのまにかハマってしまう魅力を持つどんぐりず。

これから音楽界にどう旋風を起こしていくか期待ですね!




どんぐりずのメンバーの本名や年齢は?

どんぐりずの事で、気になるのが年齢や本名ですよね。

本名について

どんぐりずのお二人の本名。

気になる所ですが、お二人は本名を公開しています。

早口坊主 森:もりゆたか

変態毒キノコ チョモランマ:安藏起一(あんどう きいち)

森さんは名前の漢字がわかりませんでしたが、活動名に自分の本名の苗字を使っています。

チョモランマさんの本名は非常に珍しいので、名前の解説をするのが少し面倒ですね。

ただ、一回で覚えてもらえそうなのでありがたいですね!

年齢について

先程、プロフィールでご紹介しましたが、森さんは、1998年4月22日生まれの現在(2021年2月)22歳です。

チョモランマさんは、1998年3月22㈰生まれの現在(2021年2月)22歳です。

同い年ではありますが、チョモランマさんは早生まれの3月ですので、学年はチョモランマさんのほうが1つ上の学年のようです。

やはり自宅がすぐ近くだったということが、二人を仲良くさせたきっかけになったのでしょうね。

どんぐりずは実家暮らしなの?

どんぐりずさんは曲の制作を「実家の庭のプレハブ」で行っていたそうです。

では今どんぐりずのお2人が、実家暮らしなのか調べてみました。

実家暮らしについて

どんぐりずのご実家は、先程述べたようにとてもご近所さんで、40秒程の距離だそうです。

「ちょっと遊びに行ってくる」と言って、言葉通り本当にすぐ行けてしまいそうですね。

そんなお2人は、今はご実家には住んでいないようです。

22歳でミュージシャンなため、親元を離れて自分たちで生活しているのでしょう。

二人は一緒に住んでいるのか

2人は一緒には住んでいないようですが、同じビルに住んでいるようです。

森さんのインスタグラムに度々登場するmomoさんという森さんの彼女と噂されている女性と3人で同じビルに住んでいるそうです。

どんぐりずのおススメの曲も紹介!

どんぐりずのおススメの曲を3曲ご紹介しますので、ぜひ聴いてみて下さいね。

マインド魂


『バズリズム02』や『関ジャム』で紹介された曲で、「マインド魂」でどんぐりずを知ったという方も多いのではないでしょうか。

不協和音のようで、心地よい不思議なメロディーとリズム感で耳に残る一曲です。

jumbo


「jumbo」は、どんぐりずのメジャーデビュー曲です。

かっこいいトラックと裏腹に、MVはユーモアたっぷりで笑ってしまいます。

どんぐりずの視線や動きがどうしても気になります。

繰り返し聞いてしまう中毒性のある曲トラックです。、

nadja


「nadja」は、一曲の中に何曲も入っているような不思議な感覚になるトラックです。

MVも印象的で独特なメロディーが耳に残ります。

若者の中で人気が出るのもわかりますね。

現在CDやアルバムは全てEPでの配信になっています。

music.jpなら30日間無料お試しもできますので、ぜひ一度どんぐりずの曲を聴いてみてください!

↓music.jpで無料で試してみる↓

おわりに

どんぐりずの学歴や経歴などのプロフィール、おすすめの曲をまとめました。

どんぐりずは、今いろんなメディアで取り上げられることが増え、とても話題になっているアーティストです。

今後の活躍が楽しみですね。

これからも応援していきましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!









ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。