知っておくと便利 PR

水筒の紐が痛くない肩紐カバーおすすめ!ずれないコツも紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

子供は毎日、重い水筒を肩に掛けて登校しています。

子供の肩の負担を考えた事はありますか?

学校が違い場合は大丈夫かもしれませんが、結構距離がある場合は、肩紐カバーの使用を検討してみてはいかがでしょう。

そうすることで、子供の肩への負担が大きく軽減できます。

ここでは、水筒の紐が痛くならない、おすすめの肩紐カバーをいくつか紹介しています。

選ぶポイントを明確にして、子供に合ったものを買ってあげましょうね。

水筒の紐が痛くない肩紐カバーおすすめ!

水筒の紐が痛い!と、子どもに言われてどうしよう・・・と思う人は多いようです。

やっぱり紐だけでは、子供の肩には厳しいですよね。

ハンドメイドで対応している人もいれば、購入しているご家庭も。

ただ、忙しくてなかなか手作りできない!という人もいますよね。

ここでは、ネットでも買える肩紐カバーを紹介していきます。

水筒用 カバン用 肩紐 カバー

水筒にもカバンにも、カバーを付けて痛みを解消でき、シンプルでカラフルなデザインのこちらの肩紐カバー。

弾力のあるクッション性で、乾きやすい素材のカバーなので、うっかり濡らしても大丈夫です!

さらに柔らかい触り心地で肩にしっかりとフィットするため、長時間の使用でも活用できます。

洗替えも兼ねて二色持っていると気分に合わせて変えられるのもおすすめです!

商品ページはこちら

▲楽天ポイントも貯まる!▲

メッシュ 水筒 肩 紐 カバー

シンプルなデザインで、速乾性のあるメッシュ素材の肩紐カバーも、夏に向けては人気でおすすめです。

汗をかきやすい方や、スポーツをやっている人は、こちらの商品がおススメです。

私の子供はとにかくランドセルが接触しているところは汗をかきまくるので、春~秋はもっぱらメッシュ素材が助かっています!

ズレにくく滑り止めもあるので、快適に使用できるのも嬉しいですね!

商品ページはこちら

▲楽天ポイントも貯まる!▲

りぼんちょうちょの水筒ショルダーカバー

カラフルなデザインが好みの方は、こちらがおすすめです。

30㎝と長めなので、広範囲で肩を保護できる機能性もバッチリです。

水筒だけではなく、習字道具やタブレットケースやリュックの肩の保護にも利用できるので、色々と使える用途は広がりますね!

商品ページはこちら

▲楽天ポイントも貯まる!▲

水筒の肩紐カバーがずれないコツ!

水筒の肩紐カバーを使っていると、ずれてしまって結局痛い・・という悩みが生まれることがあります。

そんな時、水筒の肩紐カバーがずれないコツを3つ紹介します。

毎回ズレてカバーが意味を果たしていないという人は、次の項目を試してみるとよいでしょう。

手縫いで1・2か所縫い付ける

水筒の肩紐カバーがいつもズレてしまうという場合は、思い切って手縫いしておきましょう。

1・2か所縫い付けるだけで、子供のご機嫌は良くなります。

特に、小さい子供は動きも活発なので、ズレない方が奇跡です。

子供が幼稚園や低学年の場合は、手縫いで固定してあげた方が確実にズレません。

貼るタイプのマジックテープを使う

肩紐カバーがずれる時、マジックテープをカバーに仕込むのも一つの方法です。

これで大幅にズレにくくなります。

カバーを購入しても、マジックテープが付いていないカバーもあります。

一工夫するとズレにくくなるので、試してみる価値はあります。

手で留められるプラスチックスナップを使う

ずれてしまう時、100均で手軽に購入できるスナップを付けても良いでしょう。

高いカバーを買うよりも、自分が一工夫つけ足すことでズレ対策ができ、快適に使用できます。

手縫いでもすぐにできるので、面倒に感じない方は、試してみると良いでしょう。

商品ページはこちら

▲楽天ポイントも貯まる!▲

水筒の肩紐カバーを選ぶポイント

水筒の肩紐カバーを選ぶポイントを知っておくと、買って失敗!という残念なことを防げます。

ここからは選ぶポイントとして、次の4つを意識して見て下さい。

素材は優しいものを

肩紐カバーの素材選びでは

  1. 柔らかい
  2. 速乾性がある
  3. 肩にフィットする

というポイントで選びましょう。

ネット通販では写真でしか確認できませんが、口コミをチェックすることにより、どのような商品なのかが分かります。

子供が使用するものなので、天然素材など優しい素材を選んであげましょう。

着脱しやすいかどうか

肩紐カバーは毎日使うものです。

洗ったりすぐできるよう、取り外しが楽にできるタイプが良いですね。

取り外しが面倒だとストレスになるので、購入する際はこのような部分もしっかり確認しましょう。

紐を全部外さないと取れないものなのか、カバーだけ外せるのかチェックが必要です。

丸洗いできるかどうか

肩紐カバーは、思っている以上に汚れやすく、汗も吸収するので頻繁に洗えるタイプが好ましいもの。

商品を選ぶ際は、丸洗いできるタイプか確認してから購入することが大切です。

あと、色移りがしないかどうかもしっかりとチェックしておきましょう。

子どもの要望も聞いてみて

親が重視したいところと、子供が重視したいポイントが違っている場合はよくある事です。

購入する前に、子供の要望を聞いてから購入するようにしましょう。

特にデザインは子供にとって重要です。

色を決めてもらったら、後は脱着が楽にできるか、洗えるかなどを選んでいくと失敗無く購入できると思います。

おわりに

肩紐カバーは、水筒だけではなくカバンにも活用できるので、あって損はないアイテムです。

肩の負担を軽くさせるだけでも、モチベーションは違ってきます。

選ぶポイントをもう一度見直し、子供と一緒に選べると良いですね!

ランドセルの中にお茶をこぼした時の対処法!教科書をきれいに乾かす方法も紹介ランドセルに水筒を入れて学校に行き、パッキンが外れたり蓋が外れたりして、盛大にこぼしてしまった経験はありませんか? 水筒を肩に掛けて登...

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。