子育て

子どもが消しゴムをバラバラにちぎるのはストレスが原因?その心理や対応方法も

子どもはすくすく成長する中で、嬉しいこともあれば、反対に大人から見てあまり喜ばしくない行動をとることがあります。

その中の一つに、消しゴムをちぎってしまう、という行動があります。

あまりにも目につくと心配になりますよね。

原因は一体何なのでしょうか。

また、どういった心理で消しゴムをちぎるのでしょうか。

今回こちらの記事では

子どもが消しゴムをバラバラにちぎるのはストレスが原因か

子どもが消しゴムをバラバラにちぎる心理は何か

子どもが消しゴムをバラバラにちぎる時の対応法について

について書いています。

子どもへの対応方法も含め、紹介していきますので、最後までぜひ読んでみて下さい。




子どもが消しゴムをバラバラにちぎるのはストレスが原因?

子どもが消しゴムをバラバラにちぎってしまう。

何でこんなにちぎるのだろう・・・もしかしてストレス?

と考えてしまいますね。

実際はどうなのか、解説していきますね。

原因はストレスかについて

大人だけではなく、子どもも自分自身が知らないうちにストレスを受けている場合があります。

構ってもらえず寂しかったり、嫌いな食事が出てきてイライラしたり。

最近は学校以外にも塾などでも人間関係に悩むことが増えています。

ストレスの原因は様々ですが、その発散方法として、手元の消しゴムをばらばらにちぎってしまうことがあります。

なぜ消しゴムをバラバラにするか、というと、子どもでも簡単にできるからです。

子どもがストレスを感じている場合、消しゴムをちぎることがストレス発散方法の一つとなってしまっている事も考えられますので、消しゴムをバラバラにしている時はどんな時なのかについて見直してみるのも一つの方法です。

退屈だから

消しゴムをバラバラにちぎってしまうのは、ストレスを感じているわけではなく、単なる暇つぶしとして、手元にある消しゴムをちぎってしまう場合もあります。

実を言うと、私も退屈で消しゴムをバラバラにしてしまったことがあります。

何となく小さくなっていくのが楽しみなんですよね。

そんな事もあり、子どもの楽しみの一つとなっているのかもしれません。

細かくちぎれてしまうのを、何となく楽しんでいるだけという場合は、ストレスと言うわけではないので安心してください。

ただ、この時は退屈の発散方法を別に見つけた方がいいですね。

気分転換

子どもは集中力が長続きしません。

勉強や食事などに対する集中が途切れた気分転換に、消しゴムをちぎってしまうこともあります。

消しゴムをバラバラにちぎることで、気分がスッキリしてまた気持ちを切り替えることができることもあるんですね。

ただ、毎回消しゴムがバラバラになるのは困りますよね。

子どもには物を大切にする重要さを教え、他の気分転換方法を与えましょう。

発達障害の可能性

上記の理由より確率は大きく下がりますが、消しゴムをちぎるという行為には、発達障害が隠れている可能性もあります。

その場合は、無理にやめさせると余計にストレスを与えてしまいます。

もし消しゴムをちぎる行為を注意した場合、パニックに陥ったり普段の生活ができなくなるほどであれば、こちらの可能性も頭に入れてもいいと思います。

他にも気になる行動が重なるようであれば、医者を頼ってみるのも一つの手です。

気になるようならしっかりと観察して、「ちょっとおかしいかも。。。」と思う事があれば相談するのも一つの手です。




子どもが消しゴムをバラバラにちぎる心理は何?

子どもが消しゴムをバラバラにちぎってしまう。

その心理はどんなものなのかも気になる所ですよね。

無心でちぎっている

消しゴムをバラバラにちぎった時、なぜちぎるのかを本人に聞いた所、「わからない」と言う答えが返ってきたことありませんか?

こういった場合、何も考えずにちぎっている事が考えられます。

そうなると、特にストレスや病気が原因というわけでもなく、何も考えないままひたすらちぎっているだけかもしれません。

その場合は、発達障害の可能性やストレスなど、親にとっては心配な事や、特に大きな問題はないと考えてよさそうですね。

消しゴムをバラバラにする方法を別の方法に変えていくよう働きかけていきましょう。

癖になっている

大人が髪を触ったり鉛筆を回したりするように、悪気はなく無意識の癖になっている可能性もあります。

この場合も大きな問題はありませんが、あまり好ましい癖ではありません。

他のことに注意を向けさせるようにしましょう。

ストレスが溜まっている

小さな子どもはなかなかストレスをうまく大人に説明できず、行動で表してしまいがちです。

特に子どもは自分でもできるストレス解消法をちゃんと見つけるんです。

それが「消しゴムをバラバラにしてストレスを解消する」と言う方法なんですね。

あまりにも続くようだったり、新しいのを買ってもすぐにバラバラにちぎってしまう時は、ストレスを自分なりに一生懸命発散している時かもしれません。

なるべく早く子どものストレスに気づき、対処してあげましょう。

子どもが消しゴムをバラバラにちぎる時の対応法について

子どもが消しゴムをバラバラにちぎってしまう。

そんな時親としてはどうしていけばいいのでしょうか。

何度言ってもやめないんだよね・・・

ついつい怒ってしまいませんか?

そんな時の対処法をお伝えしますね!

 消しゴムをちぎった理由を尋ねる

子どもが消しゴムをバラバラにちぎっていたら、なぜ消しゴムをちぎってしまったのか、その理由を聞いてみましょう。

この時、「物を壊すな!」と頭ごなしに叱らないよう注意してください。

案外子どもから「わからない」「特に意味もない」と返事が返ってくるかもしれません。

子どもにもわからない原因があるかもしれません。

子どもの行動の理由をまずは聴き、次の行動のきっかけに移りましょう。

物を大事にすることを伝えて

消しゴムは細かくちぎれば使えなくなってしまいます。

子どもには、まだ使えるものを無駄にしない大切さを諭し、それでも収まらなければ他のものを与えましょう。

例えば梱包用のプチプチや練り消しはおすすめです。

プッシュ ポップバブル プチプチ シリコン おもちゃ ボードゲーム そわそわ ストレス解消(イエロー)

私も子どもが消しゴムをバラバラにしてしまう時にはプチプチを渡して気分転換をしてもらっています。

こういったグッズを代用して、無駄にならないもので気分転換させると良いでしょう。

普段の生活の様子を見てみる

子どもは普段どんな風に生活していますか?

その行動を観察することで、子どもが抱えている何かしらのストレスに気づくことが出来るかもしれません。

子どもは親に言えない事や気づいてほしい事もたくさんあります。

それは言葉ではなく、態度で示していることもあるんです。

子どもの行動を観察していく中で、他に問題行動がなければ、単なる癖や気分転換であるという可能性が高まります。

ちゃんとした判断をするためにも、子どもの行動をしっかりと見ていきましょう。

終わらない時は一度専門家に相談を

子どもの消しゴムをバラバラにする行動。

注意したりグッズで代用していても、どうしても終わらない場合は、先生に相談するのも一つの方法です。

親では見られない子どもの側面を知っている専門的な人物なら、目から鱗の原因や対処法を教えてくれるかもしれません。

まずは小児科で相談して、診断を仰ぎましょう。

発達障害かどうかは慎重に判断を

発達障害の子どもの問題行動の一つに、消しゴムをちぎってしまうことが挙げられます。

しかし、だからといって発達障害だと決めつけるのはよくありません。

一過性の解決可能なストレスが原因であったり、子どもなりの気分転換なのかもしれません。

病気かもしれないと、周囲の大人が気に病み過ぎないようにしましょう。

カウンセラーに話を聞いてもらう事も一つの方法

もし、子どもの行動で悩んでしんどくなったり、誰にも相談できる人がいない、という場合は、専門のカウンセラーに相談して話を聞いてもらうだけでも気持ちは楽になります。

案外話を聞いてもらうだけでも、気持ちが整理され、次にどうしたらいいのかが見えてくることがあります。

ただ、カウンセラーってどこにお願いしたらいいかわからないと思ったり、高額でなかなか手が出せない・・・という事もありますよね。

そんな時、「ココナラ」と言うサイトであれば、自分に合ったカウンセラーを見つけることができます。

非常に多くのカウンセラーや子育て相談専門の人が話を聴いてくれるので、相談して自分なりに気持ちを整理して次に進むこともできるのではないでしょうか。

会員登録は無料なので、一度登録して探してみるといいですね!

1分以内に完了!無料会員登録はこちら

 




子どもはいつまで消しゴムをちぎる?

子どもが消しゴムをバラバラにちぎる時、「これっていつまで続くのだろう?」と不安になりますよね。

実際にいつまで消しゴムをちぎるのかどうかも解説していきますね!

 通常は一過性

大抵は、成長するにつれて消しゴムをちぎることはなくなります。

子ども独自のストレス発散法かもしれませんし、思い付きでちぎってしまっただけかもしれません。

実際に私の子どもも、小学校低学年の頃はちぎっていましたが、学年を上がる毎にその回数は減っていきました。

そのため、通常は一過性と思っておくと気持ちが楽ですね。

癖になるとなかなかやめられない

消しゴムをちぎる行動は、基本的には一過性のものです。

ただ、無意識で自然な癖になってしまうと、子ども自身でもなかなか止めることが出来なくなります。

ついつい無意識にちぎってしまうので、いつも消しゴムがバラバラになってしまう。

親としては心配ですよね。

そうなってしまう前に、原因や対処法を見つけられるようにしましょう。

無理やりやめさせることなく、原因を見つけ、それに代わることを与えてくれるといいですね。

ストレスがなくなると終わる

もし今回の行動の原因がストレスであるなら、そのストレスが解消されれば自然と消しゴムをちぎる行動もなくなります。

ストレスの原因を一緒に探し、解決できる方法を試せるように協力してあげましょう。

子どもの心は繊細です。

親が気に掛けるだけでも、子どもの心は楽になります。

どんなことでもいいので、いつも見ている事や、味方であることを伝えていきましょう。

 

おわりに

子どもが困った行動を取る理由には、大人にはなかなか理解しづらいものがあります。

ですが、子どもにとっても自分の行動を必ずしもすべて制御できるわけではありません。

そこには本人にもわからない、様々な要因が絡んでいるかもしれないからです。

消しゴムをちぎってしまう理由が、暇つぶしであっても、ストレスであっても、いつかは終わりが来ます。

それを受け入れて優しく対処してあげてくださいね。

小学生の子どもが鉛筆を噛む癖をやめさせる方法まとめ!噛む理由や対策グッズもこんにちは! 毎日小学校に通っている子ども。 ふと子どもが宿題をするときに筆箱を見ると、そこには驚愕のものがありました。 ...

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!






ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。