車のクラクションが鳴りっぱなしの時の止め方は?原因と対処法まとめ

この記事は4分で読めます





こんにちは!

何もしていないのに、車のクラクションが鳴りやまなくて困っている時、パニックになりますよね。

そんな時は2つの事をしてください!

①深呼吸して落ち着きましょう!そしてエンジンを停止させます。大丈夫だと呟きましょう。

②リモコンキーを取り出し、車のキーロックの解除ボタンを押しましょう!

これで大体の車のクラクションは鳴りやむはずです。

車内でやっても鳴りやまない時は、一度車の外に出て、キー施錠→解除をやってみてください。

それでもダメなら

車外に一度出て施錠(ロック)→解除→エンジンを始動させてみる(発進はしないでくださいね)で止まるかどうか見てください。

動画も紹介しますので参考にしてみてください!

大丈夫でしたか?

止まったのなら一安心ですね。

止まらない場合は、ディーラーもしくは販売店に一度連絡して聞くことをお勧めします。

その車を整備したことのある整備士さんがどうしたらいいか教えてくれるはずです。

車の中にある車検証やディーラーの名刺を出して連絡し、

①困っている事

②緊急であること

③自分にできること

この3つを聞いてみてください。

もしかしたら修理の対象になる可能性もありますので、詳しく状況を説明してくださいね!




1:突然車のクラクションが鳴りっぱなしの原因は何?

止まりましたか?

もし止まったのなら、少し休んで気持ちを落ち着かせましょう。

もし周りに人が集まってきていたら、無事止まったことを伝えましょう。

そしてここから、何故こういったことが起こったのかについてお話していきますね。

そもそもセキュリティーアラームは、何か車に異常があった場合、音やハザードランプで警告を発することで、周囲や遠く離れた車の持ち主に、車に異常があったことを知らせるためについています。

そして、こちらのセキュリティ機能は、バッテリーが電源となっていますので、バッテリーが完全に放電した状態だと作動しません。

また、レッカー車やクレーン車で、車本体そのものを運んでいくときには対応できません。

あくまでも、人の手で何かしらの異常が見つかった時の警告音ということなのです。

どんな時に作動するかといいますと

①車体に何らかの衝撃が与えられた場合

②ガラスを叩いたりした場合

③車外から鍵をロックしてセキュリティをかけた後、車内からロックを解除しようとする時

④スペアキーを使用して10秒以内にエンジンをかけなかった場合

⑤車の鍵穴に限以外のものを入れ、すぐにエンジンをかけなかった場合

つまり、車内からロックを外そうとする行為があった場合、さらに車外から鍵をあけようと衝撃が加わった場合、セキュリティロックが作動することがあるということです。

例えば、車内に寝ている子どもを残して鍵をかけて買い物に行っている間に子どもが起きてしまい、不安になって車内から鍵をあけようとすると起こる事が多いです。

車内に子どもを残していくと、やはり何か起こった時後悔してもしきれないので、必ず子どもは車内に残さずにつれていきましょう!




 

2:気を付けておく事は?

セキュリティが作動するとこういった現象が起こるのは本当にありがたいと同時に、不意になってしまうと対処法に困りますよね。

こちらのセキュリティが作動しないような行動をすることが必要だと思われます。

乾電池のマークだったり、きちんと文字で表記されることもあるので、見落とさないようにしましょう!

このランプがついたらスマートキーの電池交換を速やかにしましょう!

1000円~になりますが、このトラブルで周囲からもらえる冷たい視線の事を考えたら、この手間の方がよいとおもいます!




3:よく起こる事?みんな体験しているの?

実を言いますと、あまりよくは起こりません。

ただ、セキュリティが強めにかかっている車では、衝撃を加えただけでもセキュリティが作動し、クラクションが鳴り続けることはあります。

また、交通事故を起こしてしまったり、故障をするとなりっぱなしという状態になることもあります。

tweetでもこんな投稿がありました。

落雷を受けても故障することがありますので、ゲリラ豪雨の時など気象が荒れている場合は注意が必要ですね!





4:まとめ

いかがでしたか?

何もわからないとパニックになってしまいますよね。


私もパニックになっている時、近所に住む人が教えてくれて何とか解決できたので、本当にこういった人の存在はありがたいと思います。

もし同じような状況で困っている人がいたら、私も駆け寄ろうと思います。

この内容がお力になれたら嬉しいですし、お力になれなかった場合はすみませんが、専門の方に相談してみてください。

バッテリーは外し方がありますし、素手で触るのは大変危険です。

いきなり外すことはせず、専門家の意見を聞いて行動してくださいね!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!




 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。