お得な情報

1番くじのラストワン賞の狙い時やコツは?枚数確認の方法や買い占めはありかも

一番くじ。

それは好きなアニメやキャラクターの豪華な景品がくじでゲットできるステキなくじです。

ただ、ラストワン賞はなかなか手に入らないですよね。

でも、ラストワン賞でも狙い時があるんです!

今日は一番くじのラストワン賞の狙い方や買い方について教えていきたいと思います。







 1番くじのラストワン賞の狙い時やコツは?

一番くじ。

それは書店やコンビニなどで販売されているくじのことを指します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

一番くじ(@ichibankuji)がシェアした投稿

A賞、B賞と豪華な賞品があたり、E賞やF賞、はたまたG賞やH賞まである1番くじもありますよね。

そして数多くのくじのラストを引くと、もれなくついてくるのが「ラストワン」賞!

ラストワン賞はラストを飾るにふさわしく豪華な賞品なんですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

一番くじ(@ichibankuji)がシェアした投稿

ラストワンを狙っていると、案外考えているうちに他の誰かがゲットしていることってありますよね。

どんな時に狙えばいいのかをこれから解説していきますね!

どれだけ人気なのかをチェック

まず、事前にラストワンを狙っている1番くじの人気度をチェックしてみましょう。

大人気の原作の1番くじは発売日即完売の可能性が高いです。

例えば「鬼滅の刃

これは店頭で発売開始前から行列ができ、枚数制限をしても即完売してしまうくじなんですね!

ロット買いも断られるほど人気が高いのに入荷数が少ないのも競争率が高くなる理由です。

そのため、ラストワンを狙うのであれば、発売日当日、開店時を狙って並ばないといけません。

事前にTwitterなどでどれだけ注目されているかもチェックしておきましょう。

最近発売された「たべっこどうぶつ」も即完売でした。

人気度や注目度によっても売り切れる速度が全く違います。

事前チェックをしっかりして作戦を立てるようにしましょう。

発売店舗をチェック

また、ラストワン賞を狙うのであれば、複数店舗を購入候補に挙げておくのが必要です。

自宅から行ける距離で、お目当てのラストワンがゲットできる1番くじがやっているところを探しましょう。

基本的には

  • コンビニ
  • 書店
  • イオン
  • アニメイト

などで発売されています。

一つの店舗でラストワン賞がゲットできなくても、複数店舗をチェックしておけば可能性を拾う事ができます。

欲しいラストワン賞を確実にゲットするためにも、行ける場所の1番くじはチェックしておきましょう。

店舗検索はこちら

発売日から商品の減りをチェック

こちらも大切なことです。

1番くじは大体が500円以上するので、ラストワン賞が欲しいためにくじを全部買おうとするとかなりの出費になってしまいます。

できるだけ効率よくラストワン賞をゲットするために、ねらい目の店舗の1番くじの減り具合を確認しておきましょう。

自分以外にもラストワン賞を狙っている人はたくさんいます。

お互いに駆け引きになるので、タイミングが非常に難しいのですが、ここはしっかりとチェックして作戦を立てるようにしましょう。

店頭にある商品と種類をチェック

また、1番くじで重要なのは、「店頭に残っている商品」が何かを確認すること。

例えば残り10個で

①A賞1個、C賞1個、D賞7個、E賞1個

②C賞1個、D賞2個、E賞7個

どちらが豪華ですか?

もちろん①ですよね。

D賞やE賞など、明らかに金額より安いでしょ!という商品がたくさん残っている場合は、しばらく放っていても一気買いする人は少ない傾向があります。

残っている商品で一気買いするかどうかを決める材料にしましょうね。

そのため、店頭の商品は常にチェックをするようにしましょう。

上位賞も狙いながらくじが引けるとよいですね!

1番くじで上位賞が取れる必勝法まとめ!引き方のコツや何回引けば当たるかも価格は高いけれど上位賞が豪華なくじ「1番くじ」 当たればデカイのですが、当たらないと結構「損した・・・」と思う事が多いのも特徴です...

残りが一桁になったら一気買いが確実

私が見ていたりやった経験から言うと、残り10個を切った場合一気買いをしてラストワン賞をゲットする人が非常に多いです。

そのため、くじの残りが1桁になったら即一気買いが確実ですね。

「9回分は高いなあ~」と思っている間に大人買いされてしまうこともありますので、本当に欲しいラストワン賞であれば迷わずゲットしてしまいましょう。

さらに上位賞が残っている場合は一気買いしてもお得です。

ここは迷わず大人買いしてしまいましょう。

値下げがあれば買い占めましょう

1番くじはある程度時期が経っても残っている場合、半額に値下げされていることがあります。

1回1500円の1番くじが、半額の750円で売られているなら

ラストワン賞まで必要な経費が半分に収まりますよね。

半額になったら迷わずラストワン賞まで買い上げてしまいましょう。

私は12回やってラストワン賞をゲットしたことがありますが、半額で済んだので節約にもつながりました。

値下げ当日はチャンスなので、見逃さないようにお店に行ってチェックしていきましょう。




1番くじの枚数確認はどうやってするの?

1番くじを何回やろうかどうしようか迷うのは、残りの枚数がどれくらいあるかということ。

案外コンビニさんとかは何回残っているかわからなくて迷ってしまう事がありますよね。

そんな時どうしたらいいのかについても書いていきますね!

1番くじの表を見ておおよそを把握

1番くじでは賞品の一覧が大きくPOPで掲示されています。

そして「販売終了」してしまった賞品に関してはシールが貼ってあります。

このシールがどれくらい貼ってあるか、というのを見て、おおよその数を予想していきましょう。

ただ、これはお店によっては正確に貼ってあるところもあれば、貼っていないお店もあります。

その時は陳列されている景品の数を数えて、残りの数を数えていきましょう。

正確な枚数は店員さんに聞くのが一番

もし正確な枚数が知りたい場合は、店員さんに聞いてみましょう。

数が少なくなっている場合は、その場でくじの数を数えて教えてくれるはずです。

まだたくさん残っている場合は「20枚以上残っていますね」と言った感じでざっくりと伝えてくれる場合もありますが、15枚を切っている場合は正確な数を教えてくれます。

ただ、忙しい時を避けてお願いするようにしましょう。

もし忙しいようであれば自分で景品を数えるなどをして数を把握する方がいいかもしれませんね。




一番くじの買い占めはあり?

1番くじでよくある「買い占め」

確実にゲットできる反面、資金がかかることや周りからのひんしゅくなど色々とあるのも買い占めの一面ですよね。

実際にこれは「あり」なのかどうか、ということについても書いていきますね!

人気商品は回数制限をしているお店が多い

1番くじは該当する人気商品には回数制限がかかることがほとんど。

私の知っているコンビニや書店でも、初回は一人3~10回までと回数が決められる場合が多いです。

これまで私が知っている限りでは

  • 鬼滅の刃
  • たべっこどうぶつ
  • 夏目友人帳
  • ワンピース
  • ハイキュー!
  • ポケモン
  • アイドルシリーズ

これらの1番くじはスタート前から並んでいたため、人数に応じて回数が制限されていました。

買い占めたくても初日は買い占めることは難しいと考えた方がよさそうですね。

もしすべて購入するのであれば、2日目以降にしかできないですので、家族など人数攻撃で行くのがよさそうですね。

他のお客さんがいる場合はひんしゅくを買う場合も

どうしても欲しいラストワン賞。

買い占めるだけの資産はある。

ただ、周りをよく見てみてください。

他にも1番くじを購入したい人がいるかもしれません。

1番くじが始まりたてで他のお客さんで「私もやりたい!」という人がいる場合、買い占めてしまうとトラブルのもとになってしまうかもしれません。

あまり遠慮していると逆に買い占められてしまう事もありますが、自分が買い占めてしまうと場合によっては周りからクレームまがいのことを言われてしまうこともあるので気を付けましょうね。

ダメではないがルールなどにのっとって

1番くじはラストワン賞をゲットするため、残り数回になると必ず買い占めが起こります。

欲しい人にとっては何回やってもいいので、ラストワン賞をゲットするために頑張りますよね。

ダメではないのですが、「10枚までです」と言われているのに「全部やるって言ってるだろ!」とそのルールを破ろうとするのは避けましょう。

お店にはお店独自のルールがありますが、それは欲しいと思うお客さんになるべく多くあたるように、という思いからしている事がほとんどです。

ルールを守ってお互い気持ちよく楽しめるようにしていきましょう。

おわりに

今日は1番くじのラストワン賞について書いていきました。

ラストワン賞、ゲットできると本当に嬉しいですよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Megumi S(@megumi27s)がシェアした投稿

リサーチを万全にして臨みましょう!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!






ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。