アニメ PR

フリーレンが一級魔法使い試験で不合格だった理由!合格したメンバーも紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

アニメ2期も放送されている「葬送のフリーレン」

ついに一級魔法使い試験がはじまりますね!

フリーレンは結局一級魔法使いの二次試験はクリアしたものの、一級魔法使いには昇格できませんでした。

それはなぜなのかについて、ここからは紹介していきます。

今回こちらはネタバレを含みますので、もし先に知りたいという場合は、こちらのお得なサービスを利用して読むとお得ですよ!

↓試し読みもできるebookjapanで読む!↓

試し読みはこちら

  • 初回ログインで6冊まで70%オフクーポンがもらえる!
  • 常時2,800冊以上の無料のマンガが楽しめる!
  • 試し読みがたくさん!読んでから買う事ができる!

フリーレンが一級魔法使い試験で不合格だった理由!

「葬送のフリーレン」北側諸国で始まった一級魔法使い試験。

激しい戦いの末、無事に零落の王墓を攻略したフリーレン。

しかし彼女は一級魔法使いになることができませんでした。

それは一体なぜなのでしょうか?

フリーレン自身望んでいなかった

今回難攻不落なダンジョン攻略をしたのにもかかわらず、フリーレンは一級魔法使いに合格しませんでした。

それはなぜか。

それはフリーレン自身が、肩書には全く価値を感じておらず、一級魔法使いになりたいとは全く考えていないのでした。

ゼーリエは、一級魔法使いになった自分の姿をイメージできるか否か、ということを重要視しており、それができていない魔法使いを合格させることはありませんでした。

フリーレンは一級魔法使いになることを望んでいない=イメージしていない

ということだったので、実力はあっても、ゼーリエが望む一級魔法使いにはなれない、とゼーリエは合格にはしなかったのでしょう。

ゼーリエもそれを見抜いていた

ゼーリエは三次試験で平和的に合格と不合格を決めると、各合格者に面談を行いました。

この時フリーレンは、ゼーリエと会った時に、一級魔法使いになりたいと思っていないことを、ゼーリエは見抜いているとわかっていました。

そしてそのことを、ゼーリエは見抜いていました。

さらに、フリーレンにゼーリエは質問します。

「好きな魔法を言ってみろ」

フリーレンの答えは「花畑を出す魔法」でした。

つまり、フリーレンは、魔法に「強さ」を求めているわけではないことがわかったのです。

だからこそ、その特級に価値がないと思っているフリーレンを、合格させるわけにはいかなかったのでしょうね。

一級魔法使いになることの意味

今回の一級魔法使い試験。

すべての試験に合格し、一級魔法使いになるということは、イコールで

ゼーリエの弟子になる、ということでした。

この点からも、フリーレンは合格することに意味を見出していなかったのでしょう。

なぜなら、フリーレンは自分の師匠をフランメだけと決めているから。

気まぐれで育てた弟子、フランメとフリーレンの絆がしっかりと結ばれているのもわかっているのでしょうね。

何度も引き込もうとしたゼーリエですが、それができないフリーレンには、何も興味はないと感じているのかもしれませんね。

ゼーリエとフリーレンとのやり取りは、原作コミックで読むことができます。

二人の深いやり取りをみると、フリーレンの覚悟なども知ることができて面白いですよ。

ちなみに、電子書籍はクーポンでお得に読むことができるんです!

ebookjapanなら全巻お得に読めるので私のイチ押しですよ!

↓試し読みもできるebookjapanで読む!↓

試し読みはこちら

  • 初回ログインで6冊まで70%オフクーポンがもらえる!
  • 常時2,800冊以上の無料のマンガが楽しめる!
  • 試し読みがたくさん!読んでから買う事ができる!

一級魔法使い試験で合格した魔法使い

フリーレンは一級魔法使い試験では不合格になりました。

ただ、今回見事一級魔法使い試験に合格し、一級魔法使いに昇格したメンバーもいます。

それについて理由もつけて紹介していきます。

合格した魔法使い

今回の一級魔法使い試験で合格した魔法使いは次の通りです。

  • フェルン
  • デンケン
  • ユーベル
  • ラント
  • ヴィアベル
  • メトーデ

12人中6人が合格していました。

個人的にはユーベルが合格したのが意外でした。

そして、デンケンはここで一級魔法使いになり、ある魔法をもらったことで、黄金郷のマハトを攻略できる力を手に入れます。

ここでの実績が後のストーリーにつながるのは、さすがフリーレンと思ってしまいますね。

合格した理由

 

ゼーリエが今回の試験で合格した理由はいくつかあります。

1つ目は「ゼーリエの魔法制限のゆらぎが見えるかどうか」ということ。

フェルンはこれが理由で合格と言い渡されています。

また、「自分が一級魔法使いになった時のイメージ」ができるかどうかを判断できる

また他にも「ゼーリエと相対してもどう戦うか考える者」「勝てないと判断したものの、それが恐怖からではなく戦略的に判断した者」です。

他にも面白い理由は「ゼーリエのことを小さくて可愛いと思った」

さらには「面接に分身を送る度胸を持つ者」も合格にしていますので、一概にこれ、という合格基準はないようですね。

一級魔法使い試験で不合格だった魔法使い

今回、合格者もいれば、不合格者もいましたね。

不合格の魔法使い

今回不合格はフリーレン以外には誰なのでしょうか。

  • カンネ
  • ドゥンスト
  • ラオフェン
  • シャルフ
  • エーレ

フリーレン以外にも5人も不合格者がいました。

顔を見ただけで不合格になってしまったメンバーが可哀想過ぎます。

ただ、顔を見ただけで適性を判断できるゼーリエは、相当な魔法使いだと思って良さそうですね。

不合格になった理由

今回の試験が不合格になった理由。

それはゼーリエが基準になっていました。

  • ゼーリエと接見した時、ゼーリエの魔力に恐怖心を抱く
  • 一級魔法使いになった自分の姿をイメージできない

というのが不合格の理由です。

今回不合格者だった魔法使いは残念ですが、

でも、次の試験は3年後にあるので、次回までに腕を磨いてほしいものですね。

葬送のフリーレンとは

葬送のフリーレンの簡単なあらすじ等を紹介していきます。

葬送のフリーレンのあらすじ

魔王を倒し、王都を凱旋した勇者一行。

その中の魔法使いとして、フリーレンはいました。

10年間の旅路を共にしてきましたが、長命種のエルフであるフリーレンにとってはとても短い時間。

50年に1度降る「半世紀流星」を見た勇者一行は次回もそれを一緒に見ようと約束し別れたのです。

50年後、年老いた勇者ヒンメルに再会し、他のメンバー共に半世紀流星を見ます。

しかしその後ヒンメルは寿命で死んでしまうのです。

それをきっかけに、フリーレンは人間を知る旅にでることにしたのです。

葬送のフリーレンの登場人物

  • フリーレン:魔王を討伐した勇者一行の魔法使いのエルフ。人間を知るために旅にでることになる。
  • フェルン:フリーレンの唯一の弟子。魔法使いとして非常に優秀。
  • シュタルク:勇者一行の戦士アイゼンの弟子。戦士としての素質があるとアイゼンから言われている。
  • ザイン:僧侶の男性。フリーレンに助けられ仲間になる。不治の毒を治療するほど天性の才能がある。

葬送のフリーレンについて

出版社 週刊少年サンデー
刊行期間 2020年22・23合併号~
原作者 原作/山田鐘人 作画/アベツカサ
巻数 既刊11巻(2023.6月~)
アニメ放送 2023年9月29日21時~スタート
公式サイト https://websunday.net/work/708/

おわりに

今日は「葬送のフリーレン」アニメの再放送について紹介しました。

どんな風にアニメ化され、あの良い雰囲気を映像として見せてくれるのかを楽しみにしていましょう!

葬送のフリーレン完結は何巻でいつ発売?最終話はどうなるのかも予想!アニメ化も始まり、大きな話題となっている「葬送のフリーレン」 現在11巻まで発売されていますが、一体いつまで続くのかも気になりますよね...

シュタルクとフェルンの関係が私はとっても好きなんです!

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
ゆかり
初めまして!数あるサイトの中から、選んでいただきありがとうございます! 小学生と保育園の子供をもつ2児の母親です。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ちょっと凹みやすく忘れっぽい私が毎日を楽しく生きる方法についてもお知らせします♪ 当サイトで引用している文章・画像について、 著作権は引用元にあります。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。